江戸三大天神とは?江戸三大天神のマップと巡り方

江戸三大天神って何?

「〇〇天神、〇〇天満宮」といった名称の神社は、
学問の神様「菅原道真」をご祭神にしている神社です。
*天神、天満宮についての詳細はこちらをご覧下さい。
○○天満宮、○○天神とは??ゼロから学ぶ”天満宮”

全国に約12000社はあると言われる
「天満宮」「天神」の中で江戸(東京)の3つの有力な神社が
「江戸三大天神」です。

・亀戸天神社(江東区)
・湯島天満宮(文京区)
平河天満宮(千代田区)

関東三大天神」も全て東京の天満宮が選ばれていたので、
「江戸三大天神」との違いが気になりますよね。

関東三大天神」からは「谷保天満宮」が外れ、
「江戸三大天神」には「平河天満宮」が入っています。

この理由は谷保天満宮は「江戸」というには
少し遠い(国立市)ということが理由だそうです。

天神・天満宮には他にも
日本三大天神
関東三大天神
・東都七天神
・東京の天神さま
など、有力な天神さんの総称があります。

■亀戸天神社 (江東区亀戸)

通称「亀戸の天神様」
約350年前に江戸時代の4代将軍、
徳川家綱が土地を寄進して作られた。

江戸時代の浮世絵師、
歌川広重の「名所江戸百景」にも描かれています。

2月の「梅祭り」、5月の「藤祭り」が有名。
スカイツリーが背後に見える

亀戸天神は他にも
関東三大天神
・新東京百景
・東都七天神
・東京の天神さま神
神社百景
・東京10社
などにも選ばれています。

 

湯島天満宮(湯島天神)

湯島天神(湯島天満宮)の御朱印
東京都文京区湯島に鎮座する湯島天満宮(通称:湯島天神)。合格祈願の参拝者数が一番多いという東京を代表する天神さま関東三大天神のひとつ。

平河天満宮(千代田区)

hirakawatenmangu_gantangosyuin002
東京都千代田区に鎮座する平河天満宮(ひらかわてんまんぐう)
平河天満宮は湯島天満宮、亀戸天神と並んで
“江戸三大天神のひとつ”ともされています。

hirakawatenmangu-gosyuin022
平河天満宮では毎月&季節によって様々な御朱印をいただけます^^

■平河天満宮の写真満載の現地レポはコチラ

平河天満宮の御朱印

平河天満宮(千代田区)の御朱印まとめ|頂いた季節限定の御朱印の紹介と現地レポ!

江戸三大天神のマップと巡り方


マップ左上のアイコンを押すと
地域ごとの神社一覧・写真をチェックできます。

灰色・・未参拝
オレンジ色・・参拝済
参拝済みのものは随時、更新していきます^^

uenokouen02

全てまわっても10km前後。
亀戸天神社・・スカイツリー近く
湯島天満宮・・上野公園近く。上野公園内の五條天神社、上野東照宮などもオススメ。
平河天満宮・・皇居近く
ということで東京の観光がてらに巡れそうですね。

江戸三大天神巡りはこんな方へオススメ

kameidotenjin48
・受験を控えている受験生
・受験生をもつ親御さん。お守り等をプレゼントに
・資格試験の勉強をしている社会人
・菅原道真LOVEな人
・東京の代表的な観光地を巡りたい方
・下町、隅田川、上野公園周辺を満喫したい方


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ!今ならGo Toトラベルキャンペーンでかなりお得になるみたいよ~。
ピンク
へぇ!GWも夏休みも自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
行きたい神社・仏閣の探し方
1.クラブツーリズムのサイトへ
2.”テーマ・目的”→はじめての「ご朱印集め・ご朱印めぐり」特集から探す
3.「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す
※Go Toトラベルキャンペーンは2020年10月発~2021年1月31日(宿泊旅行2021年2月1日帰着)までが対象(予定)

【東京版】人気の御朱印
【御朱印(東京版)】まとめ

東京の人気の御朱印まとめ

【東京版】かわいい(カラフル)人気の御朱印40選。御朱印マップ付き!


【東京版】人気の御朱印帳
【御朱印帳(東京版)】まとめ

東京人気の御朱印帳まとめ

東京のかわいい&かっこいい”人気の御朱印帳”30選【随時更新中】


この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ハトピー
鳩胸のハトピーです。神社とお寺が大好き。 日本百名城巡りもしてます^^ 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと