『江ノ島周辺』人気の御朱印12選!御朱印帳も。【随時更新中】

「江ノ島や江ノ島周辺では、どんな御朱印をいただける?」
本記事では、実際に江島神社に参拝して頂いた御朱印、見どころを写真付きで紹介します。

五黄の寅御朱印帳バナー

江ノ島で頂ける御朱印

江島神社の御朱印&御朱印帳(江ノ島)

江島神社の御朱印と御朱印帳(神奈川県江の島)
神奈川県を代表する観光名所「江ノ島」に鎮座する江島神社えのしまじんじゃ。辺津宮、中津宮、奥津宮という3つのお宮があります。日本三大弁財天のひとつとして古くから信仰されています。

江島神社では10種類以上の御朱印の他、巳の日限定など複数の御朱印を頂けます。鎌倉江の島七福神の弁財天。

gosyuin013
江島神社の御朱印帳
江ノ島、富士山がデザインされたご当地感満載な御朱印帳。一目惚れです。

江島神社「龍神」の御朱印帳(神奈川県)
もう一冊は『龍神』。管理人「龍の御朱印帳」を見ると無条件で頂いてしまう癖があるのですが、この『龍神』御朱印帳は表紙の触り心地や紙も含めかなりお気に入りです。

江の島大師の御朱印(江島神社中津宮から徒歩1分)

enoshimadaishi001
江島神社の中津宮から徒歩すぐの場所にある江の島大師(最福寺の関東別院)。ご本尊の不動明王は高さ6mあり国内最大級の大きさ。

enoshimadaishi020
江の島大師の御朱印

江ノ島周辺で頂ける御朱印

ピンク
江ノ島入り口から車で20分以内、御朱印が人気の寺社をピックアップ!

満福寺(江ノ島から徒歩15分)

満福寺の御朱印(神奈川県鎌倉市)
神奈川県鎌倉市腰越にある真言宗大覚寺派のお寺、満福寺まんぷくじ。源頼朝の怒りをかっていた源義経が滞在、頼朝にあてた腰越状こしごえじょうで知られるお寺です。
満福寺では四種類の御朱印を頂けます。相模国二十一霊場15番、小田急沿線三十三観音。

源義経と弁慶

藤沢白旗神社(江ノ島から車で10分)

藤沢白旗神社の御朱印(神奈川県)
神奈川県藤沢市にある白旗しらはた神社は、相模国一の宮「寒川神社」の摂社として創建。源義経&弁慶の伝説も残る神社です。
白旗神社では源義経&弁慶の印が押されたかっこいい御朱印・御朱印帳を頂けます。

龍口寺(江ノ島から徒歩10分)

龍口寺の御朱印
龍口寺の御朱印

小動神社(江ノ島から徒歩10分)

小動神社の御朱印
小動神社の御朱印

皇大神宮(江ノ島から車で12分)

皇大神宮の御朱印(神奈川県藤沢市)
皇大神宮の御朱印(神奈川県藤沢市)

青蓮寺(江ノ島から車で8分)

片瀬諏訪神社(江ノ島から徒歩15分)

鵠沼伏見稲荷神社(江ノ島から車で8分)

諏訪神社(江ノ島から車で8分)

遊行寺-清浄光寺-(江ノ島から車で8分)

時宗の総本山

龍口明神社(江ノ島からバスで15分)

まとめ

江ノ島電鉄(江ノ電)沿線の御朱印まとめ

イエロー(金運大好き)
2022年は金運・財運の当たり年金運アップ、商売繁盛祈願におすすめの御朱印帳を紹介するよ♪
広告バナー1


広告バナー2

広告バナー3


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ。
ピンク
へぇ!しばらく自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
神社・仏閣ツアーの探し方
クラブツーリズムのサイトへアクセス
【探し方1】「テーマ・目的」→(ページ下部の)「神社仏閣めぐりの旅」をクリック
【探し方2】「はじめての御朱印集め・御朱印めぐり」ツアー特集から探す
【探し方3】「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す

他にも「お参り・巡礼の旅」「高野山・京都・奈良特集」「御朱印を集めながら季節の山を歩く特集」などもあるので、クラブツーリズム内を探してみてください。


ピンク
鎌倉の御朱印めぐり情報はこちらにまとめてるよ。
鎌倉御朱印ガイド
鎌倉御朱印・御朱印帳完全ガイド(神奈川県鎌倉市)


神奈川県 人気の御朱印
【御朱印(神奈川版)】まとめはこちら↓

【神奈川版】人気の御朱印

神奈川県 人気の御朱印帳
【御朱印帳(神奈川版)】まとめはこちら↓

【神奈川版】人気の御朱印帳
この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ハトピー
東京生まれ 東京育ち。御朱印好きはだいたい友達。ども、鳩胸気味のハトピーです。 お寺の家系に生まれ、神社仏閣が大好きです。日本百名城巡りもしてます。twitter・インスタやってますのでフォローしてやってください。 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/御朱印を通して地域を盛り上げていくこと。