報国寺(鎌倉市)の御朱印&御朱印帳紹介|「竹の庭」が有名なインスタ映えスポット

報国寺(鎌倉市)の御朱印


「報国寺(鎌倉市)ではどんな御朱印を頂けるの?」
「御朱印の種類は?」
「御朱印を頂ける時間、場所は?」

実際に御朱印を頂いたので現地レポでお伝えします。

報国寺(鎌倉市)とは?

houkokuji-take021
鎌倉にあるお寺、報国寺(ほうこくじ)
「竹の庭」が有名で、インスタ女子や外国人観光客にも人気^^
抹茶を頂きながら竹庭を楽しめる癒やしスポット。

houkokuji-gosyuin007
報国寺では竹がデザインされた素敵な御朱印帳も頂けます。

報国寺(鎌倉市)の御朱印情報まとめ

報国寺の御朱印
・鎌倉三十三観音第10番の御朱印「聖大悲殿」
・鎌倉十三佛第8番の御朱印「南無観音」
・東国花の寺の御朱印(鎌倉第5番)

鎌倉三十三観音第10番の御朱印「聖大悲殿」

鎌倉三十三観音第10番の御朱印「聖大悲殿」
鎌倉三十三観音第10番の御朱印「聖大悲殿」
「大悲殿」とは、観音様がいる場所の意味。
特に御朱印を指定しない場合は、こちらの御朱印になります。

鎌倉三十三観音
鎌倉三十三観音とは、鎌倉にある観音さまをおまつりしている
33のお寺を参拝していく巡礼の総称です。
鎌倉三十三所巡礼 御朱印めぐり

鎌倉三十三所霊場の御朱印情報|巡り方、回り方、順番は?【随時更新】

sugimotodera-gosyuin010
鎌倉三十三観音は専用納経帳がないようなので、
三十三カ所霊場用の納経帳(御朱印帳)で巡っています^^

sugimotodera-gosyuin012
あらかじめ御朱印帳に番号が記載されているのでお気に入り!
お寺の方にも「おぉ、今こんなのがあるんですね!これは良いですね!」と好評^^

鎌倉十三佛第8番の御朱印「南無観音」

houkokuji-gosyuin2010
鎌倉十三佛第8番の御朱印「南無観音」
鎌倉十三佛は専用の「集印帳」があり、書き置きの御朱印を頂いて挟み込むタイプです。

東国花の寺の御朱印

houkokuji-gosyuin2011
東国花の寺の御朱印「聖大悲殿」
報国寺は鎌倉第5番になっています。

houkokuji-gosyuin2012
2月下旬~3月下旬に見頃を迎える「サンシュユ」の花が人気です^^

オリジナルの御朱印帳

houkokuji-gosyuin004
竹と足利家の家紋がデザインされた報国寺のオリジナル御朱印帳
3種類ありました。
どれも素敵ですねぇ・・

houkokuji-gosyuin2005
管理人はこちらのカラーに。
ゆかりのある足利家の家紋も入ってます。
大判サイズです(1200円)

houkokuji-gosyuin007
お気に入りの一冊!

御朱印を頂ける場所・時間は?

houkokuji-gosyuin005

報国寺の御朱印情報
報国寺の御朱印は、拝観受付横の朱印所にていただけます。

【竹の庭 拝観時間】9:00~16:00
【拝観料】300円円/抹茶付き600円

*掲載している情報は管理人が参拝時点での情報です。
変更の可能性もありますので、あくまでも参考程度にしていただき、
最新情報は公式サイトで、または直接問い合わせてご確認ください。

報国寺 公式サイト

「報国寺(鎌倉市)」の参拝現地レポ

houkokuji036
報国寺の入り口。
若い女性、外国人観光客がとっても多い印象。

houkokuji002
報国寺は、室町幕府初代将軍の足利尊氏の祖父、足利家時が開基。

houkokuji021
紅葉もキレイでした。

houkokuji030
向かって右側が本堂。
その横に竹の庭拝観受付・御朱印所があります。

houkokuji012
報国寺の本堂。
ご本尊は釈迦牟尼如来(釈迦如来)
中には入れないのでここから参拝。

houkokuji027
紅葉&鐘楼が良い感じでした。

houkokuji-gosyuin005
ここまでは拝観無料。

houkokuji-gosyuin005
竹の庭に入るには拝観料が必要です。
御朱印の受付もここでできます。

houkokuji017
心落ち着く庭園。

houkokuji018

houkokuji016
近くの山の中腹には洞窟のような穴が見えます。
これは「やぐら」と呼ばれるもので足利家時、足利家のお墓があるとか。

竹の庭を眺めながら抹茶を頂く

houkokuji-take012
有名な竹の庭。

houkokuji-take037
川端康成もこの竹林がお気に入だったとか!

houkokuji-take038
耳をすますとサワサワ~と竹の葉がなびく音。
癒やされますわぁ・・・

houkokuji-take015
竹林の中にある茶席(休耕庵)で抹茶をいただきます!

houkokuji-take019
サワサワと揺れる竹の葉や鳥の声を聞きながら、抹茶を頂けちゃいます。

houkokuji-take030
お菓子つきだよ!

houkokuji-take025
人も少なかったので静かな時間を過ごせました。
最高の贅沢です・・

houkokuji-take034
5分後。
団体の皆様もいらっしゃって一気に抹茶待ち状態に・・!
静かな時間を過ごすなら朝一番がおすすめです^^

報国寺(鎌倉市)のアクセス

報国寺(鎌倉市)のアクセス
【住所】〒248-0003 神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目7−4
【アクセス】JR「鎌倉駅」からバス
・JR「鎌倉駅」からタクシーで約7分
・JR「鎌倉駅」からバス「浄明寺」下車 徒歩3分

報国寺(鎌倉市)のアクセス
住所 〒248-0003 神奈川県鎌倉市浄明寺2丁目7−4
アクセス ・JR「鎌倉駅」からタクシーで約7分
・JR「鎌倉駅」からバス「浄明寺」下車 徒歩3分
報国寺周辺のホテルを探す(楽天トラベル
報国寺行きのバスツアーを探す(クラブツーリズム

報国寺&鎌倉の神社仏閣をめぐるツアーもある

ピンク
鎌倉で神社・お寺めぐりしたい!でも、車の運転は苦手だし、鎌倉の土地勘無いからバスや電車の乗り継ぎも大変そう・・
レッド
そんな人はツアーの利用も良いかも!時間の制限はあるけど、鎌倉の寺社をガイド付きでめぐるプランもあるし、御朱印仲間も増えるよ!

クラブツーリズム
鎌倉のお寺をめぐるツアー
kamakura13009
(鎌倉十三仏の御朱印帳)

鎌倉十三をめぐるツアー
鎌倉三十三ウォーキング(ガイド付き)
江ノ島・鶴岡八幡宮・長谷寺などの名所を巡るプラン
鎌倉七切通しを歩くプラン
などなど、鎌倉周辺の名所をめぐるツアーもあります【人数・時期限定】

1.クラブツーリズムのサイトへ
2.「さらに条件を追加する」→「鎌倉十三」「鎌倉33」「報国寺」などをキーワード検索して探す。

kotokuin-daibutsu003
(鎌倉三十三観音の23番札所 高徳院ー鎌倉大仏ー)

報国寺に行く人にオススメの御朱印めぐり

浄妙寺(報国寺から徒歩約5分)

jomyoji-gosyuin013
鎌倉五山 第五位の浄妙寺(じょうみょうじ)
鎌倉五山の中でも最も古いお寺。
境内には石窯ガーデンテラスというレストランや茶室もあり、ホッと一息できます^^

jomyoji-gosyuin008
鎌倉三十三観音 第9番になっています。

浄妙寺(鎌倉)の御朱印

浄妙寺 (鎌倉市)の御朱印紹介|鎌倉五山で最も古い第五位のお寺 現地レポ

杉本寺の御朱印(報国寺から徒歩約5分)

sugimotodera011
杉本寺は鎌倉最古のお寺(奈良時代の創建)と言われています。

sugimotodera-gosyuin012
坂東三十三観音、鎌倉三十三観音ともに一番札所になっています。
杉本寺から巡礼をスタートした人限定の「発願印」を頂けます^^

杉本寺(鎌倉市)の御朱印

杉本寺(鎌倉市)の御朱印|杉本寺限定の「発願印」を頂ける!

まとめ

ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ!今ならGo Toトラベルキャンペーンでかなりお得になるみたいよ~。
ピンク
へぇ!GWも夏休みも自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
行きたい神社・仏閣の探し方
1.クラブツーリズムのサイトへ
2.”テーマ・目的”→はじめての「ご朱印集め・ご朱印めぐり」特集から探す
3.「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す
※Go Toトラベルキャンペーンは2020年10月発~2021年1月31日(宿泊旅行2021年2月1日帰着)までが対象(予定)

神奈川県 人気の御朱印
【御朱印(神奈川版)】まとめはこちら↓

【神奈川版】人気の御朱印

【御朱印】神奈川県のかわいい&かっこいい”人気の御朱印”まとめ~随時更新中~


神奈川県 人気の御朱印帳
【御朱印帳(神奈川版)】まとめはこちら↓

【神奈川版】人気の御朱印帳

【御朱印帳】神奈川県のかわいい&かっこいい”人気の御朱印帳”まとめ~随時更新中~


この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

鳩胸のハトピーです。神社とお寺が大好き。 日本百名城巡りもしてます^^ 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと

カテゴリー