宝徳寺(群馬県桐生市)の御朱印&御朱印帳紹介|アートなご朱印が凄い!

宝徳寺(群馬県桐生市)の御朱印
スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る


「宝徳寺(群馬県桐生市)ではどんな御朱印を頂けるの?」
「御朱印の種類は?」
「御朱印を頂ける時間、場所は?」

実際に御朱印を頂いたので現地レポでお伝えします。

宝徳寺(群馬県桐生市)とは?

houtokuji-gosyuin04067
群馬県の桐生市にあるお寺、宝徳寺(ほうとくじ)

houtokuji-gosyuin007
宝徳寺さんでは、季節や行事にあわせた”アート”な御朱印をいただけます。
「もみじ」や「ボタン」の名所でもありますよ。

宝徳寺(群馬県桐生市)の御朱印情報まとめ

宝徳寺の御朱印
・片面の御朱印
・見開きの御朱印
・お地蔵さんの御朱印
などなど複数の御朱印が頂けます^^

houtokuji-gosyuin04058
訪れた際に頂けた宝徳寺の御朱印一覧(注:2018年4月時点のものです)
も、ものすごい種類です!
このボードの中から希望の御朱印の番号をお伝えします。

houtokuji-gosyuin04059
書置きタイプのお地蔵さんイラストシリーズもあります^^

達磨大師の御朱印

houtokuji-gosyuin004
管理人が頂いた「達磨大師」の御朱印。
カッコいい・・

houtokuji-gosyuin04053
御朱印に描かれる達磨大師さん。
宝徳寺のいろんな場所でも見かけます^^

釈迦牟尼仏の御朱印

houtokuji-gosyuin002
宝徳寺さんの「釈迦牟尼仏」の御朱印。
左側は藤の花でしょうか?(違ったらすいません・・)
こちらも御朱印帳に直接書いていただけました^^

お地蔵さんの御朱印

houtokuji-gosyuin04073
こちらは書置きでいただいたお地蔵さん御朱印
「置かれた場所で懸命に咲く」って言葉にグッときちゃいましたねぇ。

「ぼたん祭り御朱印会」&5月限定の御朱印(4月~5月)

houtokuji-gosyuin04052
春に咲く「ぼたん」が有名な宝徳寺。
2018年4月には「ぼたん祭り御朱印会」が開催されていました。

houtokuji-gosyuin04060
さらに鯉のぼりの御朱印も。
(4月28日(土)~5月6日まで)
ゴールデンウィークのお休みにいただけそうですね。

「ぼたん祭り御朱印会」の詳細は公式サイトにてご確認を↓
宝徳寺の公式サイト

houtokuji-gosyuin04030
管理人が訪れた際もボタンがポチポチ咲いてました^^

紅葉まつり限定の御朱印(11月)


2017年の11月11日&12日に行われた
紅葉まつり御朱印会でいただけた御朱印「くつろぎ地蔵」
お地蔵さんが温泉に入ってる!!

宝徳寺では色紙もいただける


宝徳寺さんではお地蔵さんイラストの色紙もいただけちゃいます。


御朱印は参拝者限定ですが、色紙に関しては郵送も対応してくださるようです。

詳細は公式サイトをご確認ください。
宝徳寺 公式サイト

宝徳寺のオリジナル御朱印帳

宝徳寺のオリジナル御朱印帳「花灯窓」

houtokuji-gosyuin04061
宝徳寺には複数のオリジナル御朱印帳があります^^
オリジナルの御朱印帳「花灯窓(かとうまど)」

houtokuji-gosyuin04062
宝徳寺の名物でもある、
「ぼたん」&「紅葉」が描かれています。

houtokuji-gosyuin04072
御朱印帳を開くとこんな感じで窓のイラストが!
この御朱印帳は、通常サイズより少し大きめの大判サイズです。
(横12cm×縦18cm)

houtokuji-gosyuin04006
↑花灯窓(かとうまど)

ちなみに色紙同様、御朱印帳も郵送対応をされているようです。
遠方の方にはうれしいですねぇ。

御朱印を頂ける場所と時間、待ち時間は?

houtokuji-gosyuin04001
宝徳寺では先に御朱印帳を預けて、その間に参拝する形式
待ち時間はその日の混雑によって大きく変わると思いますが、
お伺いした日(日曜日)は見開きの御朱印を2体頂いたのですが、30分ちょい拝観した後にお伺いしたらもう出来上がっていました・・(驚)

houtokuji-gosyuin04064
「御朱印受付」という看板をがあるので迷うことはないかと!

宝徳寺の御朱印情報
【御朱印 受付時間】9時~16時
(2018年4月時点。最新情報は公式サイトにてご確認を)

宝徳寺 公式サイト
公式twitter
公式Facebook
公式インスタグラム

houtokuji-gosyuin04002

「宝徳寺(群馬県桐生市)」の参拝現地レポ

青もみじ&紅葉が美しすぎる・・・

houtokuji-gosyuin04056
紅葉名所でもある宝徳寺。
毎年11月中旬には「紅葉まつり」が行われています。
境内には100本以上のもみじがあるそうです。

houtokuji-gosyuin04017
訪れた際は4月中盤の新緑の季節。
青もみじも素晴らしく、感動してしまいました・・

houtokuji-gosyuin04020
青空にはえる青もみじ・・

houtokuji-gosyuin04034
宝徳寺の庭園と青もみじ

houtokuji-gosyuin04041
こちらは一年中、紅葉している品種?
赤いもみじも発見しました!
赤い紅葉と緑の紅葉のコラボレーションに感激!

houtokuji-gosyuin04045
一日中ここでぼーっと過ごしたい・・

houtokuji-gosyuin04043
秋にまた来たいと思います。

宝徳寺の境内 「枯山水」

houtokuji-gosyuin04005
「枯山水」の庭園も美しいです・・

houtokuji-gosyuin04054

houtokuji-gosyuin04055
宝徳寺の境内は日清どん兵衛のテレビCMのロケ地になったらしく、
出演者の加山雄三さん、佐藤健さんの色紙が飾られていました。

houtokuji-gosyuin04006
庭をバックに映える青もみじや山。

houtokuji-gosyuin04007
あぁ。ここで寝たい・・

原爆の残り火

houtokuji-gosyuin04050
福岡県の八女市星野村にある「平和の火」
山本達雄さんという方が、広島に原爆が投下された際の残り火を故郷である八女市に持ち帰ったもの。
現在まで消えることなく燃え続けているそうです。

houtokuji-gosyuin04051
宝徳寺では戦後70周年の際にこの火を分火してもらったとか。
生きてるとプライベートで、仕事でいろいろな問題は起こりますが、
とにかくまずは平和なこの時代に感謝しなきゃですね・・

お地蔵さんがあちこちに隠れてる

houtokuji-gosyuin04016
境内を散策していると色んな所にカワイイお地蔵さんが隠れていることに気づきます。

houtokuji-gosyuin04003
笑顔のお地蔵さんを見ているだけですさんだ心も和んでいきますねぇ・・・

houtokuji-gosyuin04046

houtokuji-gosyuin04028
仲良く肩を寄せ合うお地蔵さんペア。

宝徳寺(群馬県桐生市)のアクセス

宝徳寺(群馬県桐生市)のアクセス
【住所】〒376-0041 群馬県桐生市川内町5丁目1608
【アクセス】桐生駅北口から「おりひめバス」乗車
「宝徳寺入口」下車

桐生市内でオススメの御朱印めぐり

桐生市内にはアート御朱印を頂ける人気の神社仏閣がたくさん!

kiryu-gosyuin

↓桐生市内のカワイイ&かっこいい人気の御朱印&御朱印帳まとめ

群馬県桐生市のカッコイイ御朱印&御朱印帳

桐生市内(群馬県)のかわいい&かっこいい”人気の御朱印&御朱印帳”まとめ~随時更新中~

2019年3月14日

崇禅寺(宝徳寺から車で約10分)

崇禅寺(群馬県桐生市)の御朱印
宝徳寺同様、アートなご朱印を頂ける「崇禅寺」
季節や行事にあわせた“アート”な御朱印をいただけます。


宝徳寺から崇禅寺までは車で約10分ほど。
ぜひあわせてお参りしたいですね^^

↓崇禅寺のご朱印・写真満載の現地レポはコチラ

崇禅寺の御朱印紹介(群馬県桐生市)|アートなご朱印がカッコカワイイ

2018年5月24日

まとめ

houtokuji-gosyuin04025
キッカケは御朱印でしたが、心が和む素晴らしいお寺に出会えたことに感謝!
宝徳寺周辺の景色ものどかで素晴らしく一日中ここにいたい・・


souzenji-gosyuin04057
(群馬・崇禅寺の御朱印)

便利なバスツアーもある
大人気の宝徳寺の御朱印ですが車がないとちょっと大変。

気軽に行けない方の為に、
宝徳寺と同じく、御朱印が人気の崇禅寺とセットの御朱印付きバスツアーなんてのもあります。

・運転が苦手・・
・友人とワイワイ行きたい
・電車だと乗り換えが大変そう

そんな方はバスツアーを利用するのもありかも^^

クラブツーリズム
(「宝徳寺」など、行きたい神社・お寺名を検索してみてください^^)

宝徳寺&崇禅寺とセットで行けるアートな御朱印バスツアー↓
クラブツーリズム

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鳩胸のハトピーです。神社とお寺が大好き。 日本百名城巡りもしてます^^ 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと