白山神社の御朱印(京都市)|季節限定のカラフル御朱印

白山神社の御朱印(京都市)
「白山神社では、どんな御朱印をいただける?」
「御朱印の料金、頂ける場所、時間は?」

などの情報を、管理人が実際に参拝した際の写真とともに紹介します^^

白山神社の御朱印情報まとめ

  1. 白山神社の御朱印
  2. 季節限定の御朱印

白山神社の御朱印

白山神社の御朱印(京都市)白山神社の御朱印

季節限定の御朱印

白山神社 季節限定の御朱印
白山神社の御朱印

御朱印を頂ける場所と時間は?


白山神社の御朱印は、社務所にていただけます。

白山神社の御朱印情報
御朱印 受付時間 10:00~18:00
*上記情報は管理人が参拝した時点での情報です。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。
公式サイト ■白山神社 公式サイト

白山神社とは?(京都府)


京都市中京区にある白山神社(京都市役所前駅から徒歩2分)。歯痛にご利益があるということで、歯痛で悩む人や歯医者さんもお参りに訪れるとか。

白山神社 季節限定の御朱印
白山神社では、季節限定の御朱印を頂けます。

「白山神社(京都府)」の参拝現地レポ


白山神社の由緒はなかなかおもしろい?です。

平安時代(1177年)の高倉天皇の時代。白山の僧侶たちが白山権現(石川県)の神輿を盾にして、天皇へ強訴。しかし願いは聞き入れられず・・。
 僧侶たちは白山へ帰ろうとするも、神輿が重い。邪魔になって放り出して帰ってしまったとか・・(何と大胆な!)。
放置された神輿をみかねた地元の方たちが、社をつくっておまつりしたのが白山神社とされています。

白山神社のご祭神
【ご祭神】菊理媛命(くくりひめのみこと)
【配祀】伊邪那岐命、伊邪那美命


江戸時代、後桜町天皇(最後の女帝)が歯痛で悩んでいた時、白山神社から持ち帰った神箸と神塩をつけると、たちまち歯痛が治ったことから、
歯痛の御利益があるとされています。


すぐとなりには「ブルーノートジャパン」が手掛けるカフェ。上はホテルになっています。

白山神社(京都府)のアクセス

白山神社のアクセス
住所 〒604-0943 京都府京都市中京区上白山町243
アクセス ・京都市営地下鉄 東西線「京都市役所前駅」から徒歩2分
・京阪「神宮丸太町駅」から徒歩約15分
革堂行願寺周辺のホテルを探す楽天トラベル /Y!トラベル/じゃらん
革堂行願寺行きのバスツアーを探すクラブツーリズム

白山神社に行く人にオススメの御朱印めぐり

革堂行願寺の御朱印(白山神社から徒歩約8分)

gyoganji027
京都市にある天台宗のお寺、革堂 行願寺こうどうぎょうがんじ「こうどうさん」として、地元の人(&猫)から親しまれる庶民的なお寺。西国三十三所では唯一の尼寺。

koudou-gosyuin001
西国三十三所巡礼の19番札所“、洛陽三十三所観音(4番)、都七福神(寿老人)。

大福寺の御朱印(白山神社から徒歩約3分)

京都 大福寺の御朱印
京都市にある天台宗のお寺、大福寺だいふくじ
京都七福神のひとつ(布袋)、京都十二薬師霊場の10番札所。大福寺では絵入りのアートな御朱印や、ミニ御朱印帳など授与され御朱印ファンに大人気です。

まとめ


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えも大変そうだし・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ!今ならGo Toトラベルキャンペーンでかなりお得になるみたいよ~。
ピンク
へぇ!GWも夏休みも自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
行きたい神社・仏閣の探し方
1.クラブツーリズムのサイトへ
2.”テーマ・目的”→はじめての「ご朱印集め・ご朱印めぐり」特集から探す
3.「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す
※Go Toトラベルキャンペーンは2020年10月発~2021年1月31日(宿泊旅行2021年2月1日帰着)までが対象(予定)

京都の人気の御朱印
【御朱印(京都版)】まとめはこちら↓

京都 人気の御朱印まとめ

京都のかわいい(カラフル)&カッコいい人気の御朱印22選。御朱印マップ付き!


京都の人気の御朱印帳
【御朱印帳(京都版)】まとめはこちら↓

京都 人気の御朱印帳まとめ

京都のかわいい&カッコいい人気の御朱印帳10選。マップ付き!


この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

鳩胸のハトピーです。神社とお寺が大好き。 日本百名城巡りもしてます^^ 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと

カテゴリー