装束稲荷神社(東京都北区)初午・二の午限定御朱印の期間・時間は?

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

「装束稲荷神社の初午御朱印はいつ頂ける?」
「二の午ではいただける?」
写真多めの現地レポで装束稲荷神社の御朱印情報や見所をご紹介します^^

装束稲荷神社の簡単な紹介

syozokuinari030

装束稲荷神社は北区王子にある神社。
町の一角にこじんまりと鎮座しています。

その昔、関東全域にいる稲荷のお遣いが
この地にある榎(えのき)で衣装を整え
「王子稲荷神社」に向かった場所と言い伝えられています。

ちなみに榎(えのき)とは
エノキタケの方ではなく、木の名前です。
syozokuinari077
↑この木。

管理人はエノキに狐が集まる?
と少し戸惑いました・・

syozokuinari043

装束稲荷神社のご祭神とご利益

syozokuinari038
ご祭神:ウカノミタマ
五穀豊穣と商売繁盛の神さまです。

初午のときは御開帳されており、
木彫りの像が祀られていました。

装束稲荷神社の初午祭・二の午祭の御朱印と時間は?

装束稲荷神社は普段は無人。
初午祭、二の午祭のときだけ社務所が開いて
御朱印をいただけます^^

初午:2018年2月7日(水)
二の午:2018年2月19日(月)9時~

二の午はお守りなどは頒布されるそうですが、御朱印は未確定。公式サイト等がないため現地でご確認いただくことになります(2/18追記) 。

今年の初午・二の午は平日なのでそこまでではありませんが、
昨年は土日に重なり大変混雑したようです。

syozokuinari001

写真左が火防の凧。
右は2018年だけのもの。
書き手さんによって書体がかなり違うらしいですが、
管理人が到着(13時)した時は1種類のみでした。

syozokuinari045

御朱印は二の午もいただけるようです。

syozokuinari017

syozokuinari015

社務所にはこのほかにも、

願掛けキツネや
syozokuinari007

キツネのお面をつけた干支土鈴
syozokuinari008

初午・二の午だけで頂ける
手ぬぐいがありました(青は通年)
syozokuinari0100

火防の凧が人気です。
syozokuinari013

大晦日の恒例行事「王子 狐の行列」

syozokuinari019

「王子 狐の行列」とは・・
12月31日の大みそか、除夜の鐘を合図に
キツネのお面や装束をまとった人々が
装束稲荷から王子稲荷神社まで練り歩く行事です。

来年の豊作と火防と併せて、
商売繁盛を祈願します。

syozokuinari018

syozokuinari070
syozokuinari004

装束稲荷神社の見どころ

syozokuinari040
シュッとしたお顔立ちの狛狐さん
玉や~

syozokuinari037
鍵や~

syozokuinari038
普段は中がみれないですが
初午・二の午では御開帳されています。

装束稲荷神社へのアクセス

【住所】東京都北区王子2-30-13
【アクセス】
JR京浜東北線「王子駅」、東京メトロ南北線「王子駅」から徒歩6分

「JR京浜東北線」沿線の御朱印めぐりはコチラ↓

東京メトロ「南北線」の御朱印めぐりはコチラ↓

装束稲荷神社の御朱印まとめ

小さな社に、次から次への参拝者が集まるのが印象的でした。
また、氏子の方々によって大切にされており、
この地域になくてはならない存在なのだなぁと感じました。

また参拝します^^

このほか、2月限定でいただける御朱印はこちら↓


【御朱印版】マップ付き!東京のカワイイ&カラフルな御朱印まとめはこちら↓


【御朱印帳版】東京のカワイイ御朱印帳のまとめはこちら↓


【4月~9月までの限定体験】京都で限定御朱印を頂きながら、青もみじも楽しめる!↓

Pocket
LINEで送る