江戸八所八幡宮とは? 御朱印めぐりとマップ

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

江戸八所八幡宮とは?

江戸を代表する八箇所の「八幡宮」。
江戸時代、「八八幡詣で(ややはたもうで)」といって
この8つの神社を参拝するのが流行したとか。
古くから八という数字は縁起の良い数字だったんですね。

 

・大宮八幡宮(杉並区)神社百景/別表神社/東京の天神さま
・穴八幡宮(新宿区)
・市谷亀岡八幡宮 (新宿区)
・鳩森八幡神社(渋谷区)
・金王八幡宮 (渋谷区)
・御田八幡神社(港区)
・西久保八幡神社(港区)
・富岡八幡宮(江東区)神社百景/別表神社/江戸三大祭り/東京十社】

なぜ、この八ヶ所なのか?気になるところですね・・。

【江戸八所八幡宮マップ】
参拝済み・・オレンジ 未参拝・・灰色

江戸八所八幡宮のご朱印・ご朱印帳は?

専用の御朱印や御朱印帳はないようです

江戸八所八幡宮めぐりをより楽しめる情報

今回の記事が少しでも参考になったら、ポチッとして頂けると嬉しいです^^
更新するヤル気に繋がります\(^o^)/↓

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA