恵運寺(和歌山市)の御朱印&御朱印帳紹介|忍者ゆかりのお寺 現地レポ

恵運寺(和歌山県)の御朱印&御朱印帳
スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

「恵運寺(和歌山市)ではどんな御朱印を頂けるの?」
「御朱印の種類は?」
「御朱印を頂ける時間、場所は?」
などなど、現地レポでお伝えします^^

恵運寺(和歌山市)とは?

eunji-gosyuin002
和歌山県和歌山市にある恵運寺(えうんじ)
紀州の忍者で日本三大忍術所の著者「名取三十郎正澄」の菩提寺。

eunji-gosyuin022
恵運寺では達磨御朱印や忍者が登場する御朱印帳を頂けます^^

恵運寺(和歌山市)の御朱印情報まとめ

恵運寺の御朱印
・御本尊 十一面観音
・達磨大師
などなど

恵運寺「達磨」御朱印

eunji-gosyuin002
恵運寺「達磨」御朱印

達磨大師
ダルマさんでお馴染みの達磨大師は、坐禅をインドから中国に伝えたお坊さん。恵運寺も禅寺でまつられていることから、達磨絵の御朱印を頂けます^^

忍者の日限定の御朱印

eunji-gosyuin011
忍者の日限定の御朱印

オリジナルの御朱印帳

恵運寺のオリジナル御朱印帳「二人忍び」
恵運寺のオリジナル御朱印帳「二人忍び」

eunji-gosyuin022
見開きにすると・・

eunji-gosyuin023
忍者が登場するかっこよすぎる御朱印帳。

この他、
・ご本尊の十一面観音観音の御朱印帳
・和歌山西国三十三箇所の御朱印帳
など札所の御朱印帳も頂けます。

御朱印を頂ける場所と時間は?

恵運寺の御朱印情報
恵運寺の御朱印は、本殿正面にして左側にある社務所にていただけます。

【御朱印 受付時間】9:00~17:00(12:00~13:00は休憩時間)

*御朱印の情報は公式サイトをご確認ください。
御朱印対応可能日などを掲載してくださっています^^
(いつも対応してくださる訳ではありません)

恵運寺 公式サイト
ご住職のブログ
公式ツイッター

「恵運寺(和歌山市)」の参拝現地レポ

eunji-gosyuin018
恵運寺は「名取三十郎正澄」の菩提寺

eunji-gosyuin019

名取三十郎正澄
名取三十郎正澄(なとりさんじゅうろうまさずみ)は、紀州の忍者で日本三台忍術伝書「正忍記(しょうにんき) 」の著者とされる。
紀州徳川家の祖である徳川頼宣の軍学指南役だったとか。

正忍記には諜報活動を行い情報戦を制するための秘技が書かれているとか!

日本三大忍術伝書
・万川集海(甲賀・伊賀の忍術)
・忍秘伝(服部半蔵)
・正忍記

eunji-gosyuin004
2019年に再建された出来たてほやほやの山門。
かつての山門は「竜宮城の門」と呼ばれていたとか。

eunji-gosyuin007
恵運寺の本堂。
御本尊は十一面観音菩薩(秘仏)は、弘法大師の作で、新田義貞の守本尊とした仏様(別名 新田開運守護神)とか。

ご真言
オン マカ キャロニキャ ソワカ

eunji-gosyuin008
本堂前の休憩所。
紀州忍術の資料が展示されています。

eunji-gosyuin010
いったん明治で途絶えていた名取流。
現在、復興の為の活動が行われていて世界中に門弟がいるそうです。
興味津々です。

eunji-gosyuin014
こちらが名取三十郎正澄さんのお墓。

eunji-gosyuin012
休憩所には世界中で愛される忍者漫画「ナルト」^^

恵運寺(和歌山市)のアクセス

恵運寺(和歌山市)のアクセス
【住所】〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上3丁目1−1−66
【アクセス】

恵運寺に行く人にオススメの御朱印めぐり

紀伊国一之宮 國懸神宮の御朱印(恵運寺から車で約10分)

紀伊国一之宮 國懸神宮の写真満載の現地レポはこちら↓

まとめ

wakayama-gosyuin
和歌山県の御朱印の詳細・まとめはこちら↓

和歌山県の御朱印&御朱印帳

和歌山県の”かわいい&かっこいい”人気の御朱印&御朱印帳”まとめ~随時更新中~

2019年8月6日

便利なバスツアーもある
様々な神社仏閣に御朱印を頂きに参拝したいけど気軽に行けない方の為に、
御朱印付きのバスツアーなんてのもあります。

・運転が苦手・・
・友人とワイワイ行きたい
・電車だと乗り換えが大変そう

そんな方はバスツアーを利用するのもありかも^^

クラブツーリズム
(行きたい神社・お寺名を検索してみてください^^)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鳩胸のハトピーです。神社とお寺が大好き。 日本百名城巡りもしてます^^ 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと