牛嶋天満宮(佐賀市)の御朱印|期間限定の御朱印がカワイイ!

牛嶋天満宮(佐賀市)の御朱印
「牛嶋天満宮(佐賀市)ではどんな御朱印を頂けるの?」
「御朱印の種類は?」
「御朱印を頂ける時間、場所は?」
などなど、現地レポでお伝えします^^

牛嶋天満宮(佐賀市)とは?

ushijima-gosyuin023
佐賀県佐賀市に鎮座する牛嶋天満宮
ご祭神である菅原道真の子孫(牛嶋教正公)が創建。

ushijima-gosyuin021
牛嶋天満宮では期間限定の御朱印(天満宮&恵比寿)を頂けます^^

牛嶋天満宮(佐賀市)の御朱印情報まとめ

牛嶋天満宮の御朱印
・牛嶋天満宮
・満天恵比寿

牛嶋天満宮の御朱印(令和元年5月)

牛嶋天満宮の御朱印
牛嶋天満宮の御朱印
書き置きの御朱印を頂きました^^

満点恵比寿の御朱印

満点恵比寿の御朱印
満点恵比寿の御朱印

御朱印を頂ける場所と時間は?

ushijima-gosyuin007

牛嶋天満宮の御朱印情報
牛嶋天満宮の御朱印は、本殿正面にして右側にある授与所にていただけます。

【御朱印 受付時間】

*上記情報は訪れた時点での情報です。
変更の可能性もありますので、あくまでも参考程度にしてください。

牛嶋天満宮 公式Facebook

ushijima-gosyuin002
神職さんが不在の場合は、電話すれば頂けるケースもあるとのこと。
ただし、不在(電話に出ない)時は書き置きの御朱印になるようです。

管理人は書き置きの御朱印を頂きました^
社務所にある賽銭箱に300円をチャリーン。

「牛嶋天満宮(佐賀市)」の参拝現地レポ

ushijima-gosyuin017
佐賀県に鎮座する牛嶋天満宮

ushijima-gosyuin011
佐賀市内の静かな住宅街の中に鎮座しています。
菅原道真の子孫(牛嶋教正公)が創建したのが始まりとされています。

ushijima-gosyuin016
まず最初に眼の前に飛び込んでくるのが、圧倒的オーラの楠。
樹齢1000年!
境内の垣根を飛び越えちゃってます。

ushijima-gosyuin006
根回りなんと24.5m!
佐賀県内を代表する巨木だそうです。

ushijima-gosyuin024
楠の根本には祠(ほこら)があり、中に入れちゃいます。

ushijima-gosyuin014
這いつくばって・・・よいしょっと。
ほこらの中で祈願すると「願い事が叶う」とされているとか!

ushijima-gosyuin015
「へい、らっしゃい!」
紅白のハチマキをかけた狛犬。

ushijima-gosyuin004
境内にまつられている五体の恵比寿さんを総称して「満天恵比寿」
御朱印も頂けるのでお参りしましょう^^

ushijima-gosyuin009
佐賀市内にまつられている恵比寿さん88体をめぐる「恵比寿八十八ヶ所」巡りの一つ。

恵比寿八十八ヶ所
佐賀市内には800体以上の恵比寿像がまつられていて、その数なんと日本一なんだとか。
「恵比寿八十八ヶ所」巡りでは、特に面白い由来、ご利益があるとされる88体の恵比寿さんを巡ります。
すべて回った人には「巡礼の証」も!

さが恵比寿八十八ヶ所巡り

牛嶋天満宮(佐賀市)のアクセス

牛嶋天満宮(佐賀市)のアクセス
【住所】〒840-0821 佐賀県佐賀市東佐賀町15−30
【アクセス】

牛嶋天満宮に行く人にオススメの御朱印めぐり

龍造寺八幡宮の御朱印(牛嶋天満宮から車で約7分)

龍造寺八幡宮の写真満載の現地レポはこちら↓

まとめ


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ!今ならGo Toトラベルキャンペーンでかなりお得になるみたいよ~。
ピンク
へぇ!GWも夏休みも自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
行きたい神社・仏閣の探し方
1.クラブツーリズムのサイトへ
2.”テーマ・目的”→はじめての「ご朱印集め・ご朱印めぐり」特集から探す
3.「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す
※Go Toトラベルキャンペーンは2020年10月発~2021年1月31日(宿泊旅行2021年2月1日帰着)までが対象(予定)

この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

鳩胸のハトピーです。神社とお寺が大好き。 日本百名城巡りもしてます^^ 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと

カテゴリー