身延山定林坊(山梨県)の月替り御朱印紹介&副住職へ御朱印への思いを聞きました。

定林坊の月替わり御朱印10月

身延山定林坊みのぶさんじょうりんぼうでは、どんな御朱印をいただける?」
「御朱印の料金、頂ける場所、時間は?」
本記事では、実際に身延山定林坊に参拝して頂いた御朱印、見どころを写真付きで紹介します。

ピンク
副住職へ御朱印に対する思いをインタビュー!身延山定林坊へ参拝予定の方は、必見!

身延山定林坊の御朱印情報まとめ

  1. 月替りの御朱印
  2. 法華経和歌御朱印(28種類)
  3. 富士山御朱印
レッド
他にも複数の御朱印あり!

月替りの御朱印(2021年10月)

定林坊の月替わり御朱印10月

月替りの御朱印(2021年10月)
毎月御朱印(御首題)のデザインと、日蓮上人のお言葉・経文が代わる月替りの御朱印。

今回は郵送にてご対応頂きました(郵送対応の詳細はこちら

10月は日蓮宗を開いた日蓮上人の命日。毎年10月13日には「お会式(おえしき)」という行事が行われています。そのお会式が表現されているのがこちらの御朱印。日蓮上人のお言葉「白鳥の恩をば黒鳥に報ずべし」「聖僧の恩をば凡僧に報ずべし」が書き入れされています。
↓御朱印には丁寧な解説が同封されています^^

定林坊 御朱印解説
御朱印を頂きながら解説を読んでいると、仏教やお寺がより詳しくなれる素敵な取り組みです。

身延山定林坊 月替りの御朱印
授与形式 直書きあり/郵送対応可(執筆時点の情報)
志納料(御朱印代) 1000円

↑目次に戻る

月替りの御朱印(2021年9月)

定林坊 月替りの御朱印(2021年9月)
月替りの御朱印(2021年9月)

毎月御朱印(御首題)のデザインと、日蓮上人のお言葉・経文が代わる月替りの御朱印。
9月という事で「彼岸花」と山梨のシンボル「富士山」。
日蓮上人のお言葉「一句も神に染ぬれば、ことごとく彼岸を資く」が書き入れされています。

身延山定林坊 月替りの御朱印
授与形式 直書きあり/郵送対応可(執筆時点の情報)
志納料(御朱印代) 1000円

↑目次に戻る

月替りの御朱印(2021年8月)

定林坊 月替りの御朱印(2021年8月)
定林坊 月替りの御朱印(2021年8月)
月替りの御朱印(2021年9月)

9月という事で「彼岸花」と山梨のシンボル「富士山」。
日蓮上人のお言葉「一句も神に染ぬれば、ことごとく彼岸を資く」が書き入れされています。

身延山定林坊 月替りの御朱印
授与形式 直書きあり/郵送対応可(執筆時点の情報)
志納料(御朱印代) 1000円

↑目次に戻る

法華経和歌の御朱印(2021年7月)

定林坊 法華経和歌の御朱印(2021年7月)
法華経和歌の御朱印(2021年7月)
ヨーヨーハンコが散りばめられた夏らしい御朱印。

法華経和歌の御朱印は、なんと28種類!季節のデザインと法華経の教えを詠んだ和歌が書かれています。

身延山定林坊 法華経和歌御朱印
授与形式 直書きあり/郵送対応可(執筆時点の情報)
志納料(御朱印代) 1000円

身延山定林坊オリジナル御朱印帳

身延山定林坊の御朱印帳
表紙の素材 ヒノキ製
サイズ
料金 2800円(定林坊専用にした場合は2600円)

御朱印を頂ける場所と時間は?

対応日は定林坊の副住職さまのInstagramにて。
毎月対応日を発信してくださっています。

身延山定林坊の御朱印情報
御朱印 受付時間 *上記情報は管理人が参拝した時点での情報です。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。
御朱印をいただける場所 授与所
公式サイト 身延山定林坊 公式サイト

富士山御朱印

定林坊では、御朱印・御首題の郵送も対応してくれています。郵送申込はLINEからどうぞ。

郵送対応の依頼方法

  1. 副住職もっちーさんのLINE登録
  2. 個別に申込みフォームが送られてくる
  3. 入金する(現金書留/銀行振込/paypay)
  4. 自分の御朱印帳を送るor定林坊さんの御朱印帳を購入する
  5. 2~3週間ほどで返送

↑目次に戻る

身延山定林坊とは?参拝現地レポ(山梨県)


日蓮宗総本山である身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)のすぐ近くにある定林坊。戦国時代(1576年)に建立された日蓮宗のお寺です。

副住職望月さんへのインタビュー


今回はインスタライブなどでも精力的に仏教や御朱印に対する思いを発信されている副住職の望月さん(もっちーさん)にお話を伺いました!

レッド
副住職にとって御朱印とは何ですか?
副住職 望月さん
お寺と皆様をつなぐ1つの接点のようなものだと思います。現代ではお坊さんやお寺と関わる接点が本当に少ないです。
レッド
確かに御朱印めぐりしなければ、お寺と接する機会は殆どないですね
副住職 望月さん
お葬式やご法事などかなり格式張った雰囲気の中でしかお話する機会がないという方も多いですよね。その場合、お話させて頂くトピックスも限られてしまいますし、あたりさわりないお話しかできませんよね。
レッド
確かに・・そういう場だと、何気ない会話自体ができる空気ではないですよね・・
副住職 望月さん
でも、御朱印のときは違います。ざっくばらんなお話ができますし、一般の方の本心も聞けます。これこそ血のかよった関わり合いだと思います。
レッド
昔はそういったお寺との血の通った関わり合いがあったんでしょうか?
副住職 望月さん
それこそ江戸時代なんかもっとお寺や神社が身近で、お参りはもちろん、エンタメとしても歌舞伎や落語色々な場面で仏教やお寺、神社が登場しております。
レッド
お参り以外の部分でもお寺や神社との関わり合いがあったんですね。
副住職 望月さん
そんな古き良き日本を目指して、まずは接点を増やしていきたいという気持ちでこの取り組みをしております。

御朱印へのこだわり

レッド
御朱印を書くときに意識していることはありますか?
副住職 望月さん
御朱印をもらった方が笑顔になればいいなという気持ちで書いております。御朱印を通して色々な方と出会い、人生における貴重な時間を共有できました。ですから御朱印の先には必ず人がいるんだ!ということを意識してます。
レッド
確かに素敵な御朱印を頂けると思わず笑顔になっちゃいます!
副住職 望月さん
これから先もっと色々なものが便利になっていくと思いますが、その中で人間にしか醸し出せない「温もり」があると信じています。その「温もり」を提供できるのがお寺や神社なのではないかなという考えがあります。
レッド
「温もり」を意識されているからこそ、直書きの御朱印にもこだわりをお持ちなんですね。
副住職 望月さん
やはり御朱印も1人1人直書きでかけるときは書きたいです。
望月さんのアイデアが詰まった御首題
レッド
御朱印対応で苦労することはありますか?
副住職 望月さん
企画、デザイン、広報、SNS応対、接客、発送作業をすべて一人でやっておりますので、それが一番の苦労している部分です。ですからイレギュラーなことがあったりしますと、なかなか対応できない部分もありますがご容赦願いたく思います。
レッド
「温もり」を大事にされているからこそ、大変な部分もあるかと思います。参拝者としては、感謝しかないです。最後にこの記事を見ている方へ一言お願いします。
副住職 望月さん
みなさんと楽しい時間を過ごしたい僕の思うことはこれだけです。ぜひこの記事を読まれた方が身延山に来てくれて、もっちーと声をかけてくれることを楽しみにしてます(笑)
レッド
もっちーさんは、インスタライブもやっていて大人気!ぜひ覗いてみてください。

↑目次に戻る

身延山定林坊(山梨県)のアクセス

身延山定林坊のアクセス
住所 〒409-2524 山梨県南巨摩郡身延町身延3571
アクセス ・JR身延線「身延駅」からバス「身延山」下車徒歩7分
・JR身延線「身延駅」からタクシーで10分
・身延山久遠寺から徒歩5分
バスツアーを探す(クラブツーリズム

↑目次に戻る

身延山定林坊に行く人にオススメの御朱印めぐり

まとめ


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ。
ピンク
へぇ!しばらく自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
行きたい神社・仏閣の探し方
1.クラブツーリズムのサイトへ
2.”テーマ・目的”→はじめての「ご朱印集め・ご朱印めぐり」特集から探す
3.「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す
※今からの予約でも、Go Toトラベルが再開した場合、割引が適用される予定とのこと。詳細はクラブツーリズムサイトにて。

【東京版】人気の御朱印
【御朱印(東京版)】まとめ

【東京の御朱印48選】かわいい&かっこいい”人気の御朱印"まとめ【エリア別一覧あり】

【東京版】人気の御朱印帳
【御朱印帳(東京版)】まとめ

【東京版】かわいい、カッコいい人気の御朱印帳50選

この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ハトピー
東京生まれ 東京育ち。御朱印好きは大体友達。 ども、ハトピーです。実は・・・鳩胸です。 神社とお寺が大好きです。日本百名城巡りもしてます^^ Twitter・インスタやってますのでフォローしてやってください。 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと。