大阪の陣ゆかりの地 朱印めぐりとは?

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

 

大阪の陣ゆかりの地 朱印めぐりとは?

大坂の陣から400年を記念して、
出版されたガイドブック(ご朱印スペース付き)
「大坂の陣 ゆかりの地 朱印めぐり」 大阪城天守閣の館長が監修。
大阪の陣の合戦場跡やゆかりの神社・お寺が紹介されています。

houkokujinja24
主に
・豊臣家とゆかりの神社(2社)
・大阪 冬の陣の戦いの地を巡る(9社)
・大阪 夏の陣の戦いの地を巡る(14社)
の3つに分かれています。

豊臣家とゆかりの神社(2社)

houkokujinja23
豊国神社(大阪/豊臣家ゆかりの神社)|成功したいビジネスマン必見の神社
玉造稲荷神社(秀頼の像)

大阪 冬の陣の戦いの地を巡る(9社)

ikasurijinja22
開口神社(堺の戦い)
難波八阪神社(木津川口の戦い)
八劔神社(鴫野の戦い
白山神社(鴫野・今福の戦い)
若宮八幡大(今福の戦い)
春日神社(野田・福島の戦い)
鎌八幡(真田丸の戦い)
坐摩神社(本町橋の夜襲)|「渡辺」という名字発祥の地で頂く御朱印
熊野大神宮(大坂冬の陣、和議が成立)

大阪 夏の陣の戦いの地を巡る(14社)

hiraokajinja55
(写真:枚岡神社)

柳澤神社 (郡山の戦い)
蟻通神社(樫井の戦い)
岸城神社(岸和田の戦い)
道明寺天満宮(道明寺の戦い)
譽田八幡宮(誉田の戦い)
八尾天満宮(八尾の戦い)
若江鏡神社(若江の戦い)
枚岡神社 (枚岡に徳川家康の本陣)|
杭全神社(平野の戦いと環濠都市)
志紀長吉神社 (平野の戦い)
一心寺 (最後の決戦)
安居神社(天王寺ロの戦い)|真田幸村(信繁)最期の地はホッと一息つける都会のオアシス
堀越神社(山ロの戦い)|一生に一度の願いを叶えてくれる神社
生国魂神社(大坂夏の陣、終焉)

専用のご朱印・ご朱印帳は?

大阪の陣ゆかリの地御朱印めぐりガイドブック

” 専用のご朱印”はありませんが、
ガイドブックが各神社の解説&ご朱印スペース(白紙のページ)
という構成になっています。

ただし通常の製本(紙質)にはなるので、
乾きにくい、写りやすいなどの問題もあります・・

専用のご朱印帳を用意しても良いかも知れません。
そこはお好みで。

ガイドブックはどこでゲットするのか?

大阪の陣ゆかリの地御朱印めぐり

大阪の陣ゆかリの地御朱印めぐり

〇大阪の陣ゆかりの地の各神社で購入する
該当の神社で販売してる所もあるそうですが、
小さな神社もありますので、
販売してない所もありそうです。

ガイドブックをゲットしたい場合は
各神社へ訪れる前にお問合せすることをオススメします。

〇ネットで購入
amazon等のネット書店では販売されていなかったので、
僕はコチラで購入させて頂きました。

戦国グッズ専門店「戦国魂」
http://www.sengokudama.jp/fs/sengokudama/syuinmeguri

〇産経新聞社で購入する
郵便振替で産経新聞社業務推進室(振替口座番号00940-6-271890)へ。
通信欄に住所、氏名、電話番号と購入冊数のほか、「朱印めぐり」と明記してください。
問い合わせは、産経新聞総合企画室 「大坂の陣」係
(☎06-6633-9087、平日午前10時~午後5時)
A5、128ページ(フルカラー)
1冊1200円、送料200円(振替手数料別)

大阪の陣ゆかりの地ご朱印巡りをより楽しめる情報


大阪の陣をまるまる描いた
司馬遼太郎さんの「城塞」、面白いです!

上中下と3巻ありますが、一気に読み込んでしまいました。
大阪の地名・地形、合戦の様子、そこに至るまでの背景が細かく描写されています。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鳩胸のハトピーです。神社とお寺が大好き。 日本百名城巡りもしてます^^ 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと