少彦名神社(大阪市)の御朱印の種類、頂ける時間は?現地レポ

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

(名前)
(定型文)

少彦名神社の簡単な紹介

sinnosan-gosyuin01037
「神農さん」で親しまれる少彦名神社(すくなひこなじんじゃ)。
医薬と農耕を広めた神さまがご祭神なので、
健康成就はもちろん、商売繁盛・仕事の成功の祈願にもグーとか。

少彦名神社のご祭神とご利益

sinnosan-gosyuin01013
【ご祭神】
少彦名命(すくなひこなのみこと)
神農炎帝 (しんのうえんてい)

少彦名神社の御朱印情報

少彦名神社の通常の御朱印「神心」
写真右側が御朱印帳に
直接書いていただける通常の御朱印「神心」
(初穂料300円)

少彦名神社(神農さん) ひなまつり限定御朱印 ★2018年2月27日~3月4日


ひなまつり限定御朱印「桃花祭」

■頒布期間・時間・料金(初穂料)情報
【頒布期間】2018年2月27日(火)~3月4日(日)まで各日50体限定
【受付時間】通常時は10時~16時。祭事の際の受付時間は公式サイト・SNSでご確認を。
【その他】ひな菓子付き 初穂料500円
【住所】大阪府大阪市中央区道修町2-1-8
【最寄駅】大阪市営地下鉄  堺筋線「北浜」駅(6番出口)から徒歩5分
大阪市営地下鉄 御堂筋線「淀屋橋」駅(11番出口)から徒歩10分

公式サイトによるとさらに、
3月3日にも特別御朱印があるそうです。

年越の大祓限定の御朱印

sinnosan-gosyuin01021
こちらは年越の大祓限定の御朱印。
人形もついてきました^^

節分祭特別限定御朱印


2月3日の節分の日に頒布された見開きの御朱印。

「えびす祭」限定の御朱印(1月8日~12日)


2018年1月8日~12日まで頒布された「えびす祭」の御朱印。

お正月限定の御朱印(2018年)


お正月期間限定でいただけた御朱印。

神農祭限定の御朱印(11月22日、23日の2日間)


毎年11月22日、23日に行われる「神農祭(しんのうさい)」
「大阪の祭りはえべっさんに始まり神農さんで終わる」と言われ、
「とめの祭」とも呼ばれているとか。

少彦名神社で御朱印を頂ける時間は?

sinnosan-gosyuin01011
少彦名神社で御朱印を頂ける時間は10時~16時

祭事によっては時間が異なるようなので最新情報は公式Twitterでご確認を。

少彦名神社のオリジナル御朱印帳

IMG_7145
少彦名神社オリジナルの御朱印帳(黒&オレンジ)


2018年限定の御朱印帳「青嵐」

少彦名神社のみどころ

IMG_7163
とってもコンパクト境内ですが、
常に人が訪れていて賑やか~な雰囲気!

sinnosan-gosyuin01030
ちびっこも元気に走り回っておりました^^

戦災に耐えた「健康成就」の御神木

sinnosan-gosyuin01035
鳥居の後ろにドーンとたっているのが御神木。

sinnosan-gosyuin01019
樹齢約180年のクスノキです。

sinnosan-gosyuin01016
戦災にも耐えたという「健康成就」の御神木。

sinnosan-gosyuin01018
根元にはカワイイ鳥居とお賽銭箱もあります^^
お参りしてやさしく触るとパワーを頂けるそうです。

少彦名神社のアクセス

sinnosan-gosyuin01039

【住所】〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町2丁目1−8
【アクセス】大阪市営地下鉄  堺筋線「北浜」駅(6番出口)から約徒歩5分
大阪市営地下鉄 御堂筋線「淀屋橋」駅(11番出口)から徒歩10分

少彦名神社周辺の神社

少彦名神社から
徒歩約15分ほどの場所に「大阪天満宮」
徒歩約18分ほどの場所に「坐摩神社」がありますよ。

少彦名神社のまとめ

少彦名神社も見開きで紹介されている
篠原ともえさんの「御朱印をはじめよう」。
御朱印ガールとしても有名な篠原ともえさんが、
全国のカワイイ御朱印を紹介してくれています。


便利なバスツアーもある
色んな神社やお寺に参拝したいけど、気軽に行けない方の為に、
御朱印付きのバスツアーなんてのもあります。
・運転が苦手・・
・友人とワイワイ行きたい
・電車だと乗り換えが大変そう

そんな方はバスツアーを利用するのもありかも^^

クラブツーリズム
(行きたい神社・お寺名・巡礼などを検索してみてください^^)
Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

鳩胸のハトピーです。神社とお寺が大好き。 日本百名城巡りもしてます^^ 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/地域から日本を盛り上げていくこと