江戸三大祭りとは?江戸時代から伝わる東京の代表的な祭り


五黄の寅御朱印帳バナー

江戸三大祭りとは?

その名の通り、江戸(東京)の有力なお祭り。

「江戸三大祭り」というくくりは、
国やどこかの機関が定めている訳ではない為、

「あそこも江戸三大祭りの一つだろう!」という意見は
いつの時代もあるようです^^

ここでは”一般的”に江戸三大祭りに
挙げられる事が多い3つをピックアップします。

神田祭 神田神社で行われる祭り【毎年5月開催】

日本三大祭りにも数えられる。
神田神社は江戸の町の守護神。
本祭は日枝神社の山王際と隔年で行われる。
(2年に一回)

神田祭り公式サイト

山王祭 日枝神社で行われる祭り【6月開催】

日本三大祭りにも数えられる。
日枝神社は徳川将軍家の産土神とされる。
三大将軍の徳川家光以来、歴代の将軍も見ていたとか。

山王祭公式サイト

深川八幡祭 富岡八幡宮で行われる祭り【8/15中心に開催】

別名「水掛け祭り」
江戸時代初期に、幕府の命で開催。
3年に一度、本祭りが行われる。

神社は神さまをお招きし、
その場所にいらっしゃる神様へ奉仕をする場所。
神さまへのご奉仕=「お祭り」

その他、東京の有力なお祭り

その他、江戸三大祭り
にも数えられる東京の有力なお祭り。

■根津権現祭 根津神社で行われる祭り【9月中旬開催】
2017年9月16日(土)~9月17日(日)
来場者数約30000人

■三社祭 浅草神社【5月第3金-日曜日】
江戸時代には「浅草寺」と一体となったお祭り。

■鳥越祭 鳥越神社
1350年の歴史。例大祭。
都内で一番大きく思いと言われる神輿
「千貫神輿(せんがんみこし)」が有名。
期間中は約250店の露店が出店する。


日枝神社と神田明神。
そして富岡八幡宮に浅草神社と江戸三大祭りに
あげられる神社の歴史、見所をチェック。


イエロー
2022年は金運・財運の当たり年!金運アップにおすすめの御朱印帳を紹介するよ♪
広告バナー1


広告バナー2

広告バナー3


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ。今なら「全国旅行支援」で旅行代金の最大40%補助もあるしね。
ピンク
へぇ!しばらく自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
神社・仏閣ツアーの探し方
クラブツーリズムのサイトへアクセス
【探し方1】「テーマ・目的」→(ページ下部の)「神社仏閣めぐりの旅」をクリック
【探し方2】「はじめての御朱印集め・御朱印めぐり」ツアー特集から探す
【探し方3】「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す

他にも「全国旅行支援特集」「お参り・巡礼の旅」「御朱印を集めながら季節の山を歩く特集」などもあるので、クラブツーリズム内を探してみてください。


この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA