大福寺(京都)の御朱印の種類、頂ける時間は?現地レポで紹介

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

大福寺(京都)の簡単な紹介

daifukuji-gosyuin01008
聖徳太子作といわれる
「菩提薬師如来(ほていやくし)」がご本尊。
京都七福神のひとつ(布袋)、京都十二薬師霊場の10番札所でもあります。

daifukuji-gosyuin01015
「大福寺」という福を呼びそうな縁起のいいお寺の名称から、
正月には商売繁盛を祈願して寺の宝印を授与する習わしが昔からあったようです。

これが江戸時代(明治時代初期)、
商人にとってもっとも重要なものだったという
会計帳簿「大福帳」の由来になっているんだとか。

daifukuji-gosyuin01009
屋根に隠れ布袋さんが!

大福寺(京都)の御朱印

daifukuji-gosyuin01014
大福寺ではさまざまなご朱印をいただけます^^

大福寺(京都)のご本尊の御朱印

IMG_1713
こちらが大福寺のご本尊「菩提薬師(ほていやくし)」のご朱印(通常)

IMG_1714
2018年は戌年(いぬどし)ということで、
大福時の大の字に「戊戌」がくっついて犬福寺?になっちゃってます^^
この遊び心、ステキですねぇ。

こちらは2018年1月までのようです。

大福寺(京都)の「大福帳」御朱印(元旦~2月3日)

IMG_1712
2月3日まで頂ける「大福帳」ご朱印
御朱印帳に書いていただきました。

実際に書いて頂いているところを見ていましたが、
ホレボ~レする筆さばき。素晴らしすぎます。


↑2月の特別ご朱印情報。

初夢枕紙


「枕に敷くと良い初夢が見れる!」という
江戸時代~大正時代にあった風習をご朱印として再現!
授与期間は12月30日、31日、元旦。

大福寺(京都)の七福御朱印(毎月29日)

「29(ふく)」ということから2と9が付く日に頂ける「七福ご朱印」

「七福御朱印」
2月は「9日」と「19日」
3月~11月は毎月29日
12月は9日・19日

大福寺(京都)のミニ御朱印帳

daifukuji-gosyuin01013
これ、めっちゃかわいいです。
縦わずか3cmの御朱印帳です。
“3cm”ですよ~。

すばらしいクオリティでした。

大福寺(京都)で御朱印を頂ける時間は?

daifukuji-gosyuin01002
ご朱印は写真左側の入り口。

daifukuji-gosyuin01012
朱印所とかかれてますので迷う事はないかと。

普通の家の入口みたいなので「ここでいいのかな」と
ドキドキしちゃうかも知れませんが安心してください。

ご丁寧に対応してくれるハズです。
御朱印をいただけるのは、土日祝日と縁日の9時~16時

最新の「ご朱印授与日」を公式アカウントでツイートされているので
チェックしてみてください。

大福寺(京都)へのアクセス

【住所】〒604-0963 京都市中京区麸屋町通二条上ル布袋屋町498
【アクセス】
地下鉄「京都市役所」駅から徒歩約10分
市バス「京都市役所前」バス停から徒歩約7分

【マップ付き】京都市営地下鉄「東西線」沿線の御朱印めぐりはこちら↓

大福寺から歩いてすぐのところに
囲碁の「本因坊戦」にちなんだ史跡「本因坊発祥の地」があります。

まとめ

大福寺の御朱印も紹介されている京都の御朱印本。


【マップ付き!】京都のカワイイ&カッコいい御朱印まとめはこちら↓


【御朱印帳版はこちら】京都のかわいい(カラフル)&カッコいい御朱印帳↓


souda-kyoto018
【4月~9月限定体験】京都の青もみじ&御朱印めぐりが最高に癒やされる!↓
Pocket
LINEで送る