【静岡県版】鎌倉殿の十三人ゆかりの御朱印・聖地巡礼(伊豆の国市・伊豆半島周辺)

「静岡県内の鎌倉殿の十三人ゆかりの地はどこ?」
「ドラマや紀行で取り上げられた場所に行きたい」
本記事では、静岡県内の『鎌倉殿の十三人』ゆかりの地を実際に訪れ、まとめてみました。御朱印、見どころを写真付きで紹介していきます。


五黄の寅御朱印帳バナー

静岡県内の『鎌倉殿の十三人』ゆかりの地

三島・沼津エリア
大泉寺 沼津市 阿野全成が建立。館も兼ねていた
対面石八幡神社 清水町 頼朝が義経と対面した場所。
三嶋大社 三島市 頼朝が深く崇敬。源氏再興を祈願して100日詣でを行う。政子奉納の木箱は国宝
伊豆の国市
伊豆の国大河ドラマ館 伊豆の国市
願成就院 北条時政が創建。義時が政子の七回忌に奉納した地蔵菩薩あり。鎌倉殿の十三人放送記念の御朱印あり。運慶仏の仏像は国宝。
眞珠院 阿野全成(頼朝の弟)によって開かれたと伝わる。八重姫を供養する八重姫御堂あり
北条氏邸跡(円成寺跡) 北条泰時の頃まで使われた邸宅
北条政子産湯之井戸 北条政子の産湯の水を取ったと伝わる
北條寺 北条義時が息子のために建立したお寺。北條政子が奉納したと伝わる宝物あり。
石徳高神社(豆塚神社) 義時の霊廟
江間公園
蛭ヶ小島 源氏再興のはじまりの地。
香山寺 山木の館があった。源平合戦最初の地
修善寺エリア 
修善寺 伊豆市 鎌倉を追放された源頼家、頼範が幽閉された場所。
指月殿 北条政子が頼家の菩提を弔うための建立。北条政子寄進の経典あり
筥湯 頼家最後の地
伊東・熱海エリア
熱海今宮神社 熱海市 頼朝が伊東祐親に追われ、伊豆山神社へ逃れる際に立ち寄って祈願
伊豆山神社 石橋山の戦いのさなか北條政子が身を隠し、幕府を開いてからも崇敬。
頼朝の一杯水 伊東祐親に追われていた際に立ち寄った場所。
みそぎの滝社 頼朝が身を清めた。源氏再興のお告げ
秋戸郷跡 石橋山の戦い敗北後に政子が身を隠した場所
音無神社 伊東市 音無神社対岸の森で頼朝と八重姫が日暮れを待った
最誓寺 伊東市 江間小四郎と八重姫の発願により創建と伝わる
かんなみ仏の里美術館 函南町

願成就院の御朱印(伊豆の国市)

願成就院4種類の御朱印まとめ(静岡県)
静岡県伊豆の国市にある高野山真言宗の寺、願成就院がんじょうじゅいん。北条時政が源頼朝の奥州藤原氏征伐の勝利を祈願して建立。天才仏師として有名な運慶作の阿弥陀如来、毘沙門天、不動明王(国宝)が安置されています。
願成就院では通常の御朱印のほか、NHK大河「鎌倉殿の十三人」放送記念の御朱印などを頂けます。

願成就院(静岡県)鎌倉殿の13人放送記念限定の御朱印
鎌倉殿の13人放送記念限定の御朱印「地蔵菩薩」

宝物館に安置されている「北條政子尼七回忌供養地蔵菩薩(県指定文化財)」の御朱印。北条義時が奉納したと伝わります。2022年NHK大河ドラマ「鎌倉殿の十三人」放送記念限定の御朱印です。


お地蔵さんの印の上から目の色などが「金」で彩られています。

↑目次に戻る

まとめ


ピンク
光に当てると絵が変わる!光の切り絵御首題がステキ♪
広告バナー


イエロー(金運大好き)
2022年は金運・財運の当たり年金運アップ、商売繁盛祈願におすすめの御朱印帳を紹介するよ♪
五黄の寅御朱印帳バナー


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ。
ピンク
へぇ!しばらく自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
行きたい神社・仏閣の探し方
1.クラブツーリズムのサイトへ
2.”テーマ・目的”→はじめての「ご朱印集め・ご朱印めぐり」特集から探す
3.「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す
※今からの予約でも、Go Toトラベルが再開した場合、割引が適用される予定とのこと。詳細はクラブツーリズムサイトにて。

静岡県の人気御朱印
【御朱印(静岡版)】まとめはこちら↓

静岡県の人気の御朱印まとめ

静岡県の人気御朱印帳
【御朱印帳(静岡版)】まとめはこちら↓

静岡県の人気の御朱印帳まとめ

この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ハトピー
東京生まれ 東京育ち。御朱印好きはだいたい友達。ども、鳩胸気味のハトピーです。 お寺の家系に生まれ、神社仏閣が大好きです。日本百名城巡りもしてます。twitter・インスタやってますのでフォローしてやってください。 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/御朱印を通して地域を盛り上げていくこと。