【現地レポ】浅草寺(台東区)の御朱印全4種類まとめ|頂ける場所、時間、注意点を解説

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る


「浅草寺(東京)ではどんな御朱印を頂けるの?」
「御朱印の種類は?」
「御朱印を頂ける時間、場所は?」

実際に御朱印を頂いたので現地レポでお伝えします。

浅草寺(東京)とは?どんなお寺?

senso-ji-kaminari003
浅草寺(せんそうじ)は、年間約3000万人の参拝客が訪れ、
初詣には約300万人もの人が訪れる東京を代表するお寺&観光名所!

senso-ji-syaden004
最近では外国人観光客の数もスゴイですね。
参拝していると日本語がほとんど聞こえないほどです。

senso-ji-gosyuin002
そんな浅草寺は
坂東三十三観音の第13番札所、
江戸三十三観音の第1番札所
浅草名所七福神の大黒天担当
になっています。

浅草寺(台東区)でいただける御朱印の種類まとめ

浅草寺(台東区)でいただける御朱印を紹介します。

・坂東三十三観音の第13番札所
・坂東三十三観音の御詠歌
・江戸三十三観音の第1番札所
・浅草名所七福神

など。

坂東三十三観音の御朱印(聖観世音)

坂東三十三観音の御朱印(聖観世音)
こちらが浅草寺の御朱印。
ご本尊である「聖観世音」の墨書き。

senso-ji-gosyuin005
浅草寺は東京で唯一の坂東三十三観音札所
第13番札所になっています。

senso-ji-gosyuin003
「坂東三十三観音専用の御朱印帳」にいただきました。
納経スペースの右側に御詠歌が書かれています^^

senso-ji-gosyuin006
A4サイズの大きい御朱印帳。

坂東三十三観音 御詠歌の御朱印

坂東三十三観音 御詠歌の御朱印
坂東三十三観音御詠歌の御朱印。

浅草寺の御詠歌は

深きとが いまよりのちは よもあらじ
つみあさくさへ まいる身なれば

江戸三十三観音の御朱印

江戸三十三観音の御朱印"
↑浅草寺の 江戸三十三観音の御朱印。

senso-ji-gosyuin10040
先程と同じ「聖観世音」の御朱印ですが、
右上に「江戸三十三間観音札所第一番」のスタンプが押されます。
浅草寺は第一番札所になっています。

edo33003
江戸三十三観音は専用納経帳がないようなので、
三十三カ所霊場用の納経帳(御朱印帳)で巡っています^^
あらかじめ御朱印帳に番号が記載されているのでお気に入り!

大黒天の御朱印

浅草寺 大黒天の御朱印
大黒天のご朱印。
大黒天はご朱印を頂ける影向堂を入ってすぐ左に鎮座

浅草寺(浅草)は「浅草名所七福神」の大黒天担当

福絵(浅草名所七福神)の御朱印

浅草名所七福神の福絵
先ほど紹介した大黒天の「浅草名所七福神」福絵の御朱印バージョン

senso-ji-gosyuin018
ちなみにお隣の浅草神社も七福神に含まれています(恵比須担当)

yasakiinari-gosyuin015
七福神が描かれた絵の下に
各寺社名が書かれていてそこに御朱印をいただく形。

yasakiinari-gosyuin006
福絵の他、「福笹」や「色紙」もあります^^

senso-ji-gosyuin012
浅草名所七福神に該当する寺社は9社あります。

・浅草寺(大黒天)
・浅草神社(恵比須 )
・本龍院 (毘沙門天)
・今戸神社 (福禄寿)
・矢先稲荷神社(福禄寿)
・不動院(布袋尊)
・石浜神社(寿老人 )
・鷲神社(寿老人 )
・吉原神社 (弁財天 )

「九は数のきわみ、一は変じて七、七変じて九と為す。
九は鳩でありあつまる意味をもち、また、天地の至数、易では陽を表す」

(公式サイトより)
という古事に由来しているとのこと。

白衣に頂いた御朱印

白衣に頂いた御朱印
坂東三十三所の「御朱印用白衣」にいただける御朱印。
各札所で200円。

kiyomizudera-gosyuin031
白衣には坂東三十三所の御詠歌が印刷されています。

御朱印についての注意書き

浅草寺の御朱印についての注意書き
浅草寺で御朱印をいただくと挟まれているハサミ紙(半紙)。
「御朱印」についての説明とちょっとした注意が書かれています。
以下、注意書きの内容を引用します。

この頃、神社仏閣に参拝され「ご朱印」を受ける方が大変多くなっております。
これは「納経(のうきょう)」とも呼ばれ、
その由来は参詣者がお経を書写して寺社に「お納め」することに始まっております。

ですから昔は納経帳の右肩のところに
「奉納大乗経典(ほうのうだいじょうきょうてん)」と書かれておりました。
この作法が簡略化されて、
お写経を納めなくとも参詣の証として「ご版」を頂くことになって今日に及んでおります。

そして各霊場を巡拝する「巡礼(じゅんれい)」信仰と結びついて盛んになりました。
これは観音三十三札所あるいは四国八十八ヵ所を巡礼し、
その全部の霊場から「ご判」を頂くと、その功徳(くどく)によって地獄に落ちないばかりか、
所願も成就するという古来の信仰に基づいているものです。

このような本義から申しますと、
お経も書写せず、あるいはお堂に入ってお参りもしないで、
ただ御朱印だけを集めて歩くという事では、
本来の尊い意義を無視してしまうことになり、あるべき姿から離れてしまいます。

少なくとも「般若心経」一巻または「観音経」偈文(げもん)などを書写なさるか、
ご宝前で読誦(どくじゅ)されるなどして、
その後に「ご朱印」をお受けになるようにして頂きたいものです。
金龍山 浅草寺(きんりゅうざん せんそうじ)

*般若心経・・お経
*読誦(どくじゅ)・・声に出して読むこと

簡単に説明すると
「お参りもせずにご朱印だけ集めるのは本来の意義とは違うのでは?」
「せめて写経をするかお経を読んでから、ご朱印を頂きたいですよね。」

ということですね。
至極、真っ当なお言葉!

実際にはお寺の方も心が広いので、参拝or写経をしたか?お経を読んだか?
などの確認はなく、ご朱印も頂けてしまいます^^

IMG_7370
ただし、「本来の意義に沿ってご朱印を頂きたい!」という方は、
お寺に般若心経などが書かれた「経本」が販売されているので、
それをゲットするか、写経をすることをオススメします。
浅草寺では「坂東札所経本」(500円)も販売されています。


浅草寺「観音経」の写経


↑般若心経って何?という人の入門にはもってこいの一冊。

浅草神社の御朱印(お隣)|正月、七夕時期の限定御朱印もあり

asakusajinja005
浅草神社はお隣の浅草寺ともともとは一緒だった神社。
「江戸三大祭り」に数えられることもある「三社祭」は大盛り上がりっ

asakusa-gosyuin5009
浅草神社では通常、3種類の御朱印がいただけます。
さらに限定の御朱印も多数頒布されています^^


浅草寺とセットで参拝したい浅草神社。
浅草寺本堂のお隣にあります。

■浅草神社の写真満載の現地レポはこちら↓

浅草寺でいただける御朱印帳

senso-ji-gosyuin013
浅草寺で頂ける御朱印帳(4種類)です。
(2018年現在)
全て片面24ページの御朱印帳。

senso-ji-gosyuin015
坂東三十三観音専用の納経帳もありました。
・金銀(1700円)
・深緑無地(1100円)
・黄緑(1200円)

の3種類。

senso-ji-gosyuin022
管理人は黄緑(1200円)の納経帳(御朱印帳)
をいただきました。
右側に坂東各札所の説明や御詠歌が書かれています^^

ご御影「聖観世音菩薩」

senso-ji-gosyuin009
浅草寺の御影(御姿)もいただけます(100円)
浅草寺のご本尊は「聖観世音菩薩 」です。

坂東三十三観音専用ご御影帳に保存。
これでいつでも観音様と一緒ですね!

御朱印を頂ける場所と時間は?

senso-ji-gosyuin025
浅草寺(台東区)の御朱印は本堂を正面にして
左側にある朱印所(影向堂内)でいただけます。


本堂から影向堂内はすぐです。
本堂では御朱印は頂けないのでご注意を。

senso-ji-gosyuin10002


【拝観時間】6:00~17:00
【御朱印の対応時間】8:00〜17:00(正月は特別時間)

「浅草寺(台東区)」のご利益や見どころ紹介

senso-ji-keidai012

浅草寺では

・商売繁盛
・縁結び
・開運厄除け
・学業成就
・家内安全

など幅広いご利益をいただけます。

浅草寺境内にある「久米平内堂」は縁結びのご利益で有名です。

外国人も殺到!下町のシンボル”雷門”

senso-ji-kaminari001
浅草といえば「雷門」(正式名:風雷神門)
浅草寺の総門です。

senso-ji-kaminari003
テレビや雑誌の「浅草」特集などでも、必ずと言っていいほど紹介されますね。
雷門前はいついっても大混雑。
(早朝は空いてます)

senso-ji-kaminari002
外国人観光客の皆さんにも大人気。
絶好の記念撮影スポットになっています^^

senso-ji-kaminari006
現在の雷門は経営の神様と称される
松下電器(パナソニック)の松下幸之助さんが寄進したもの。

仲見世で食べ歩き!お土産もゲット

nakamise004
雷門をくぐったその先は「仲見世」
約250mにわたってお土産屋さんなどのお店が並びます。

nakamise016
いつ行っても活気に溢れていて
歩いているだけで元気になる参道ですね。

nakamise021
初詣時期はとんでもないことになります・・(汗)

senso-ji-syaden013
仲見世を抜けると「宝蔵門」
ここをくぐればすぐに本堂です。

senso-ji-syaden006
アメリカからスパイダーマンもお越しになっていました。
(記念撮影中)

senso-ji-syaden007
朱色の社殿に馴染み、違和感のないスパイダーマンさん。

senso-ji-syaden009
「宝蔵門」からはスカイツリーも丸見えです。

久米平内堂|浅草の”縁結びの神様”でご利益を頂く

senso-ji-gosyuin10008
「宝蔵門」の手前にある久米平内堂(くめのへいないどう)

senso-ji-gosyuin10012
江戸時代の武士である久米平内は、多くの人を斬りました。
後年はその供養の為に浅草寺に住み、禅に打ち込んだそうです。

亡くなる前に自分の姿を石に彫らせ、
その石を多くの人に“踏み付けてもらう”ことで、
少しでも犯した罪が軽くなれば・・と願いを込めたんだとか。

senso-ji-gosyuin10010
この「踏み付け」という言葉が
語呂合わせで「文付け(今のラブレター的な)」という言葉に
なり、
“願文をお堂に納めると願い事が叶う”“縁結びの神さま”
として江戸の庶民から人気だったそうです。

senso-ji-gosyuin10013
久米平内堂は、宝蔵門(仁王門)の右手前にあります。

浅草寺の本堂周辺

senso-ji-keidai004
浅草寺のおみくじには「凶」が多い・・
そんな都市伝説があります^^

ただ、仮に「凶」が出たとしても今以上に悪くなることはない、
むしろこれから運気は上がる一方ってことで、
むしろ喜んでいいんじゃないでしょうか^^(管理人解釈)

senso-ji-keidai003
おみくじの結果は・・・!!

senso-ji-keidai006
手水舎も人だかり・・^^

senso-ji-keidai001
外国人観光客の興味を惹いていた常香炉(じょうこうろ)
こちらでお線香をお供えします。

senso-ji-keidai007
お線香の香り好きなんですよねぇ!

senso-ji-syaden017
ご本堂でお参り。
屋根の曲線美がスバラシイです^^

senso-ji-syaden019
お参りを済ませて後ろを振り返るとこんな感じ。

senso-ji-syaden004
時間帯によっては凄い人です・・^^

senso-ji-syaden015
(↑早朝の浅草寺)

浅草寺は平日でも人が凄いです。
混雑が苦手な人、ゆったりと参拝したい方は早朝がオススメです^^
浅草寺は朝6時から参拝できますよ。

浅草寺(台東区)のアクセス

■浅草寺(せんそうじ)
〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目3−1

東武スカイツリーライン:浅草駅より徒歩5分
東京メトロ銀座線:浅草駅より徒歩5分
つくばエクスプレス:浅草駅より徒歩5分
都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口より徒歩5分

浅草寺(台東区)に行く人にオススメの御朱印めぐり

浅草周辺は神社仏閣が多数あります^^
浅草周辺でもらえる”御朱印&御朱印帳”まとめはコチラ↓
(随時更新中)

今戸神社(浅草寺から徒歩約13分)

imadojinja-gosyuin013
今戸神社は「縁結びのご利益」で知られ、
“願いが叶った人”が奉納した絵馬がたくさん!

imadojinja-gosyuin027
境内は常に女性で賑わっています。
浅草のシンボル「雷門」から徒歩13分ほどの場所に鎮座してますよ。

新選組の一番隊組長の沖田総司が
“最後を迎えた場所”としても知られています^^
(諸説あり)

imadojinja-gosyuin045
今戸神社の御朱印。

■今戸神社の写真満載の現地レポはこちら↓

本龍院の御朱印(浅草寺から徒歩約10分)

浅草寺から徒歩10分ほどの本龍院。
待乳山聖天(まつちやましょうでん)とも呼ばれています。
浅草名所七福神の毘沙門天担当です。

まとめ

Pocket
LINEで送る

2 件のコメント

  • 和の文化の御朱印ですが、僕が住んでいる天草では和の文化に則ったキリスト教会の御朱印が7月29日から発布されました。
    ユネスコが世界遺産に登録した天草の潜伏キリシタン関連遺産は、250年の厳しい禁教下でも潜伏し続けて、幕末に5,000人以上も潜伏キリシタンの存在が発覚したのでした。
    なぜ、潜伏が可能だったか?それは一人の密告者もいなくて、周りの仏教と神道の信者がキリシタンを黙って守ってくれたお陰でした。
    それが世界遺産に登録されたのですから、今回その記念に三教が一つとなった三位一体の御朱印帖が世界ではじめて発布されたのです。この情報は、かなりレアです。
    詳しい情報は、下記から見れるので、良かったらご参照下さい。

    天草んタイムトリップ
    http://amakusan-timetrip.info

    • 花咲実さん
      コメントありがとうございます。
      御朱印頒布や世界遺産登録の背景は、心打たれるものがありますね。。
      サイトも拝見し、ぜひ天草に行ってみたいと思いました!
      教えていただきありがとうございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA