長谷寺(鎌倉)の7種類の御朱印紹介|青い海丸見えの境内現地レポ

長谷寺(鎌倉)の御朱印


「長谷寺(鎌倉)ではどんな御朱印を頂けるの?」
「御朱印の種類は?」
「御朱印を頂ける時間、場所は?」

実際に御朱印を頂いたので現地レポでお伝えします。


五黄の寅御朱印帳バナー

長谷寺(鎌倉)とは?

hasederakamakura002
長谷観音と親しまれる鎌倉の長谷寺(はせでら)
のご本尊は高さ9.18mで日本最大級の大きさ!

hasederakamakura-sea014
境内は鎌倉の街と海を一望できる見晴台や
散策路があり、美しい風景も楽しめます。
坂東三十三観音、鎌倉三十三所、鎌倉七福神にも含まれています。

長谷寺(鎌倉)の御朱印情報まとめ

1.「十一面大悲殿」の御朱印(坂東三十三所)
2.「十一面大悲殿」の御朱印(鎌倉三十三所)
3.坂東三十三所 御詠歌の御朱印
4.「大黒天」の御朱印(鎌倉江ノ島七福神)
5.「阿弥陀如来」の御朱印(鎌倉六阿弥陀)
・「弘法大師」の御朱印

長谷寺では複数の御朱印を頂けます^^
特に指定がない場合
「観音様の御朱印(十一面大悲殿)」を頂く形になるかと思います。

切り絵の御朱印

切り絵御朱印情報
授与形式
郵送対応
御朱印代 小600円/大1,200円

坂東三十三所の御朱印「十一面大悲殿」

長谷寺(鎌倉)坂東三十三所の御朱印「十一面大悲殿」
長谷寺の御朱印「十一面大悲殿」
長谷寺は坂東三十三所の第四番札所になっています。

右上・・坂東四番
中央・・十一面大悲殿(じゅういちめんだいひでん)
大悲殿・・・観音様のいる場所という意味。

hasedera-gosyuin006
「坂東三十三観音専用の御朱印帳」にいただきました。
納経スペースの右側に御詠歌が書かれています^^

senso-ji-gosyuin006
A4サイズの大きい御朱印帳。


鎌倉三十三観音の御朱印「十一面大悲殿」

長谷寺(鎌倉)鎌倉三十三観音の御朱印「十一面大悲殿」
長谷寺の御朱印「十一面大悲殿」(鎌倉三十三観音)
先程と同じ「十一面大悲殿」の御朱印ですが、
右上に「鎌倉三十三観音札所第四番」の印が押されます。


鎌倉三十三観音
sugimotodera-gosyuin010
sugimotodera-gosyuin012
鎌倉三十三観音は専用納経帳がないので、三十三カ所霊場用の納経帳(御朱印帳)で巡っています。あらかじめ御朱印帳に番号が記載されているのでお気に入り!お寺の方にも「おぉ、今こんなのがあるんですね!」「これは良いですね!」と好評です。

ご詠歌の御朱印(坂東三十三所)

長谷寺(鎌倉)ご詠歌の御朱印(坂東三十三所)
坂東三十三所の御詠歌の御朱印
「坂東札所の御詠歌を」とお伝えすると書いて頂けます^^

hasedera-gosyuin003
長谷寺の御詠歌は

長谷寺へ まいりて沖を ながむれば
由比のみぎはに 立つは白波


御詠歌の御朱印とは?
御詠歌とは?御詠歌の御朱印はレア?

鎌倉江ノ島七福神「大黒天」の御朱印

長谷寺鎌倉江ノ島七福神「大黒天」の御朱印
鎌倉江ノ島七福神「大黒天」の御朱印
中央の字・・授け大黒天

hasederakamakura065
大黒天(大黒様)は「大黒堂」の中にいらっしゃいます。
通称「出世開運授け大黒天」と呼ばれる大黒様。

そして「大黒堂」の手前にいらっしゃるのが「さわり大黒」
おさわりするとご利益が授かれるという大黒さまです。

hasederakamakura066
この「さわり大黒天」さまはおさわり放題。おさわりの列が出来ていました。

■「鎌倉江の島七福神めぐり」とは?1982年から開始された鎌倉・江ノ島のお寺と神社に祀ってある七福神を巡る旅。湘南エリアの代表的な神社仏閣を観光しながら楽しめます^^江の島七福神旗上弁財天社(鶴岡八幡宮)弁財天。鎌倉の中心 鶴岡八幡宮の境内にある弁財天社。江島神社弁財天。江ノ島内に鎮座する日本三大弁財天のひとつ。長谷寺大黒天御霊神社福禄寿浄智寺布袋尊宝戒寺毘沙門天妙隆寺寿老人本覚寺夷尊神※弁財天は「江島神社」と「鶴岡八幡宮」の2箇所という位置づけなので、合計8ヵ所。あわせて読みたい江島神社(弁財天)|江...

鎌倉六阿弥陀「阿弥陀如来」の御朱印

*写真、準備中

hasederakamakura042
源頼朝が厄除けを祈願して造立したと伝わる阿弥陀如来(あみだにょらい)。
別名「厄除阿弥陀(やくよけあみだ)」とも。
観音堂の隣にいらっしゃいます^^
鎌倉六阿弥陀のひとつです。

1番高徳院(鎌倉の大仏)
2番長谷寺
3番光明寺
4番浄光明寺
5番宝戒寺
6番光触寺

「弘法大師」の御朱印

「弘法大師」の御朱印。
相模弘法大師二十一ヶ所霊場の12番札所。

白衣に頂いた御朱印

hasedera-gosyuin004
坂東三十三所の「御朱印用白衣」にいただける御朱印。
各札所で200円。

kiyomizudera-gosyuin031
白衣には坂東三十三所の御詠歌が印刷されています。

オリジナルの御朱印帳

長谷寺オリジナルの御朱印帳
長谷寺オリジナルの御朱印帳。

・紫陽花の御朱印帳(御朱印代込1800円)
・もみじの御朱印帳(御朱印代込1800円)
・お地蔵さんの御朱印帳(御朱印代込1500円)
・坂東三十三観音霊場の納経帳
・鎌倉江ノ島七福神の色紙

などがありました。

hasederakamakura-gosyuin007
個人的にはこのお地蔵さんの御朱印帳がグッときました^^

hasederakamakura056
境内にいらっしゃる「和み地蔵」

hasederakamakura-gosyuin001
ちなみに長谷寺参道のお店にも、
市販の御朱印帳が販売されていました。

御朱印を頂ける場所・時間は?

hasederakamakura-gosyuin006
長谷寺(鎌倉)の御朱印は、
拝観チケット売り場から入り口を入って
すぐ左側にある朱印所にていただけます。

この日は休日だったので混雑気味。
御朱印の待ち時間が「30分」ということでしたが、
御朱印帳を先に預けて、番号札を受け取る形式なので、
参拝前に預けておけば、時間を気にしなくていいですね!

hasederakamakura-gosyuin003
長谷寺はいくつかの札所に含まれていますが、
混雑時に頂ける御朱印は1種類のみになるそうです。

■御朱印 受付時間
【3月~9月】8:00~17:00
【10月~2月】8:00~16:30

*上記情報は変更の可能性もありますので、
あくまでも参考程度にしていただき、
最新情報は公式サイトで、または直接問い合わせてご確認ください。

「長谷寺(鎌倉)」の参拝現地レポ

hasederakamakura067
長谷寺の門前にはお土産屋さんが並んでいます。
賑わってますね~

hasederakamakura002
松と赤い提灯が何とも風情のある山門。
絶好の記念撮影スポットになっていました。

国内最大級の木造の観音さま

hasederakamakura029
長谷寺のご本尊がいらっしゃる観音堂。

hasederakamakura024
ご本尊は木造の観音像(十一面観音)で、高さ9.18m!
仏像としては日本最大級とされています。

撮影は禁止なので、写真はありませんが
その存在感に圧倒され体がプルプルしていまいました。
しばし合掌・・

hasedera-goyuin027
鎌倉の長谷寺の観音さまは、
奈良にある長谷寺の観音様と同じクスノキから
作ったとされています。

一体は奈良の長谷寺に安置し、
もう一体は人々の救済を願って海へ流しました。
そして、数年後・・・なんと横須賀に漂着!
その後、鎌倉にまつられるようになったとか。

奈良の長谷寺現地レポはこちら↓

長谷寺(奈良県桜井市)の御朱印まとめ

鎌倉を一望!絶景の展望・散策路

hasederakamakura031
長谷寺の境内にある展望台。
ベンチが設置され、一休みできます。

hasederakamakura-sea001
海が丸見え!

hasederakamakura-sea002
ここからの景色も充分に素晴らしいのですが、
さらに丸見えの「眺望散策路」へ。

hasederakamakura053
約2500株のアジサイが植えられ
「アジサイ路」とも呼ばれる眺望散策路を
数分登っていくと・・

hasederakamakura-sea015
うひゃー。
由比ヶ浜と材木座海岸が丸見え。

hasederakamakura-sea014
青い海。
沢山の人が散策していました。

hasederakamakura-sea013
逗子方面には無数のヨットが・・!

hasederakamakura-sea008
三浦半島方面。
海はいいですねぇ。

秋は紅葉の名所

hasederakamakura063
四季折々の花を楽しめる長谷寺。
秋は紅葉の名所でもあります。

hasederakamakura015
残念ながら2018年は台風による「塩害」の
影響もあり、色づく前に枯れてしまっていましたが・・・

hasederakamakura017
それでも所々、キレイな紅葉が見れました。

hasederakamakura026

hasederakamakura014
お地蔵さんともみじ。
和みます・・・

hasederakamakura043
色づきが良いときはこんな感じ!!

長谷寺(鎌倉)のアクセス

長谷寺(鎌倉)のアクセス
住所 〒248-0016 神奈川県鎌倉市長谷3丁目11−2
アクセス ・江ノ電「長谷駅」から徒歩5分
長谷寺周辺のホテルを探す(楽天トラベル

江ノ島電鉄(江ノ電)沿線の御朱印まとめ

長谷寺に行く人にオススメの御朱印めぐり

坂東三十三所 御朱印めぐり

坂東三十三所とは
神奈川(9ヶ所)、埼玉(4)、東京(1)、
群馬(2)、栃木(4)、茨城(6)、千葉(7)
合計33ヶ所の観音信仰の霊場の総称。

    ■神奈川県内の坂東三十三所札所

1.杉本寺(神奈川県鎌倉市)
2.岩殿寺(神奈川県逗子市)
3.安養院(神奈川県鎌倉市)
4.長谷寺(神奈川県鎌倉市)
5.勝福寺(神奈川県小田原市)
6.長谷寺(神奈川県厚木市)
7.光明寺(神奈川県平塚市)
8.星谷寺(神奈川県座間市)
14.弘明寺(神奈川県横浜市南区)

坂東三十三所の御朱印

鎌倉三十三観音 御朱印めぐり

・長谷寺
・報国寺
・高徳院(鎌倉の大仏)
・建長寺
・明月院
・仏日庵(円覚寺)

など鎌倉の有名なお寺がたくさん含まれているので
鎌倉の御朱印めぐりにオススメです。

鎌倉三十三所巡礼 御朱印めぐり

鎌倉江の島七福神めぐり

tsurugaoka-gosyuin005
鎌倉・江ノ島のお寺と神社に祀ってある七福神を巡る旅。
湘南エリアの代表的な神社仏閣を観光しながら楽しめます^^

江の島七福神
旗上弁財天社(鶴岡八幡宮) 弁財天。鎌倉の中心 鶴岡八幡宮の境内にある弁財天社。
江島神社 弁財天。江ノ島内に鎮座する日本三大弁財天。
長谷寺 大黒天。本尊の十一面観音菩薩は木彫仏として日本最大級の大きさ。鎌倉の海・街を一望できる見晴台。切り絵・刺繍などの御朱印も人気。坂東三十三観音(4番)、鎌倉三十三観音(4番)
御霊神社 福禄寿。通称「権五郎神社」。鳥居の目の前を江ノ電が通り、カメラマンにも大人気の神社。
浄智寺 布袋尊。北鎌倉を代表する鎌倉五山の第四位のお寺。鎌倉三十三観音(31番)・鎌倉二十四地蔵尊(12番)・鎌倉十三仏(6番)・東国花の寺百ヶ寺(鎌倉9番)
宝戒寺 毘沙門天。萩の寺。北条義時をはじめ鎌倉幕府の執権、北条氏の屋敷があった場所。鎌倉三十三観音(2番)、鎌倉二十四地蔵尊(1番)
妙隆寺 寿老人。日蓮宗のお寺。日親ゆかりのお寺。
本覚寺 夷尊神。お正月の初えびすが有名。商売繁盛祈願。鎌倉十三仏(3番)
※弁財天が「江島神社」と「旗上弁財天社(鶴岡八幡宮)」の2箇所あります。合計8ヵ所。

御霊神社(権五郎神社)の御朱印(長谷寺から徒歩8分)

成就院の御朱印(長谷寺から徒歩13分)

高徳院(鎌倉の大仏)の御朱印(長谷寺から徒歩10分)

kotokuin-daibutsu003
修学旅行生にも外国人観光客にも大人気の鎌倉のシンボル「鎌倉の大仏さま」
お寺の名前は高徳院(こうとくいん)といいます。

kotokuin-gosyuin002
高徳院では2種類の御朱印を頂けます。

鎌倉の大仏(高徳院)の御朱印

まとめ


ピンク
光に当てると絵が変わる!光の切り絵御首題がステキ♪
広告バナー


イエロー(金運大好き)
2022年は金運・財運の当たり年金運アップ、商売繁盛祈願におすすめの御朱印帳を紹介するよ♪
五黄の寅御朱印帳バナー


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ。
ピンク
へぇ!しばらく自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
神社・仏閣ツアーの探し方
クラブツーリズムのサイトへアクセス
【探し方1】「テーマ・目的」→(ページ下部の)「神社仏閣めぐりの旅」をクリック
【探し方2】「はじめての御朱印集め・御朱印めぐり」ツアー特集から探す
【探し方3】「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す

他にも「お参り・巡礼の旅」「高野山・京都・奈良特集」「御朱印を集めながら季節の山を歩く特集」などもあるので、クラブツーリズム内を探してみてください。


神奈川県 人気の御朱印
【御朱印(神奈川版)】まとめはこちら↓

【神奈川版】人気の御朱印

神奈川県 人気の御朱印帳
【御朱印帳(神奈川版)】まとめはこちら↓

【神奈川版】人気の御朱印帳
この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ハトピー
東京生まれ 東京育ち。御朱印好きはだいたい友達。ども、鳩胸気味のハトピーです。 お寺の家系に生まれ、神社仏閣が大好きです。日本百名城巡りもしてます。twitter・インスタやってますのでフォローしてやってください。 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/御朱印を通して地域を盛り上げていくこと。