由岐神社の3種類の御朱印紹介|源義経ゆかり鞍馬寺の鎮守社(京都市)

由岐神社の御朱印(京都市・鞍馬山)

「由岐神社では、どんな御朱印をいただける?」
「御朱印の料金、頂ける場所、時間は?」
本記事では、実際に由岐神社に参拝して頂いた御朱印、見どころを写真付きで紹介します。

ピンク
御朱印めぐりに役立つ周辺情報も紹介するので、由岐神社へ参拝予定の方は、必見!

五黄の寅御朱印帳バナー

由岐神社の御朱印情報まとめ

  1. 由岐神社の御朱印(3種類)

由岐神社の御朱印(寅年限定)

由岐神社(京都・鞍馬山)の御朱印
由岐神社の御朱印は3種類。
手持ちの御朱印帳への書き入れはなく、(書置き御朱印のみです)。

由岐神社の御朱印帳(御朱印込で2,500円)には、すでに御朱印が書かれたものを頂けます。


オリジナルクリアファイルと一緒に頂けます。

管理人は書置き御朱印専用ファイルに保管しました。

↑目次に戻る

由岐神社の御朱印
授与形式 直書きあり(参拝時点の情報)
御朱印代 1種類500円、2種セット800円、3種セット1000円

鞍馬寺の御朱印

鞍馬寺2022年限定の御朱印
鞍馬寺の御朱印情報は以下のページに詳細を書きましたので御覧ください。

↑目次に戻る

オススメの御朱印めぐり「京都洛北・森と水の会御朱印巡り」

rakuhoku01
由岐神社も参加している京都洛北・森と水の会御朱印巡りは、京都の洛北エリアのお寺と神社を巡ることで、「命の水を育む豊かな森の広がり」「洛北エリアの祈りや信仰の歴史」を思いっきり体感しちゃおうというコンセプト。

京都洛北・森と水の会御朱印巡り
下鴨エリア ・田中神社
下鴨神社
河合神社
上賀茂エリア 上賀茂神社
大田神社
岩倉・上高野エリア ・圓通寺
・妙満寺
・実相院門跡
・三宅八幡宮
洛北蓮華寺
・崇道神社
大原エリア 三千院門跡
・大原魚山来迎院
・宝泉院
・実光院
・勝林院
・京都大原寂光院
・古知谷阿彌陀寺
・念佛寺
修学院・一乗寺エリア 曼殊院門跡
・金福寺
詩仙堂
・圓光寺
・狸谷山不動院
八大神社
・鷺森神社
・赤山禅院
鞍馬・貴船エリア ・鞍馬寺
由岐神社
貴船神社

1.御朱印帳に御朱印をいただく
・専用の御朱印帳はありません。手持ちの御朱印帳にご朱印をいただきます。

2.専用の台紙に”確認印”を押してもらう
rakuhoku03
ご朱印を頂いた際に専用の台紙に確認印を押してもらいます(専用の台紙は各社寺で無料配布)

3.10ヶ所巡るごとにコースターがもらえる

10ヶ所をお寺と神社のご朱印を頂くと「洛北の森と水を守るために伐採された杉」で制作されたコースターを頂けます。

由岐神社に行ったらセットで回りたい貴船神社、由岐神社でもスタンプを押して貰えるので、これを機会に洛北の御朱印めぐりなんていかがでしょうか。

↑目次に戻る

由岐神社オリジナル御朱印帳

由岐神社の御朱印帳
料金 2,500円(御朱印代込み)

御朱印を頂ける場所と時間は?

由岐神社の御朱印は、授与所にて頂けます。

由岐神社の御朱印情報
御朱印 受付時間 9:00~16:00
*上記情報は管理人が参拝した時点での情報です。最新情報は公式サイトなどでご確認ください。
御朱印をいただける場所 授与所
公式サイト 由岐神社 公式サイト

↑目次に戻る

由岐神社とは?参拝現地レポ(京都府)

由岐神社の御朱印(京都市・鞍馬山)
京都市左京区にある由岐神社。もともとは皇室の守り神として京都御所内にあり、その後、鞍馬山に遷り鞍馬寺の鎮守社となっています。由岐神社は日本三大火祭に数えられる例祭『鞍馬の火祭』が有名です。
由岐神社では3種類の御朱印を頂けます。

由岐神社全体マップ
由岐神社全体マップ
由岐神社は鞍馬寺の仁王門を抜けた先(有料)にあります。鞍馬山(鞍馬寺)はかなり広く、奥の院まですべてめぐると2時間くらいかかります。前もって参拝計画を立てておくと良いですね。


仁王門の両側には仁王像が鎮座しています。有名仏師「運慶」の息子、湛慶作と伝わるもの。湛慶といえば三十三間堂(京都)の千手観音坐像、高山寺(京都)の仔犬像などが有名です。

ここからケーブルカーに乗れる
仁王門から少し歩くとすぐに「ケーブル普明殿(山門駅)」が見えてきます。由岐神社に参拝する際はケーブルカーに乗ると行き過ぎてしまうので、乗りません。

ケーブルカーは始発8:40から、20分に1本の頻度で運行しているようです(天候によって変動あり)
目的地 徒歩
(山門からの所要時間)
徒歩+ケーブルカー
(山門からの所要時間)
備考
由岐神社 約5分 ケーブル不可 由岐神社へは徒歩のみ。
本殿金堂 約30分 約15分 御朱印を頂けるのはここ
霊宝殿(博物館) 約32分 約17分 仏像好き必見の毘沙門天(国宝)
奥の院・魔王殿 約70分 約55分 牛若丸が天狗と修行した地
西門(貴船神社) 約90分 約75分 西門を出ると貴船神社参道へ


由岐神社の鳥居が見えてきました。


400年以上前に豊臣秀頼(秀吉の嫡男)によって再建された拝殿(国の重要文化財)。拝殿の中央に参道が通っています。
ご神木の存在感が凄いです。


樹齢800年のご神木「大杉さん」。心を込めて祈願すれば願いが叶うとされています。圧倒的な存在感です。


由岐神社のご祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
相殿 八所大明神(はっしょだいみょうじん)

大己貴命は七福神の一人である大黒天と同一視される神様。縁結びや商売繁盛のご利益があるとされています。戦国時代には武田神社、豊臣秀吉、徳川家康なども戦勝祈願を行ったとか。

神田明神「正月限定の御朱印」


由岐神社で見逃せないのが狛犬(国の重要文化財)です。子供を抱えた姿をしている狛犬は、日本でも由岐神社だけだそうです。そのお姿から安産・子授けのご利益を頂けるとされ信仰されています。


社務所には由岐神社で行われる「鞍馬の火祭」の写真が展示されています。

日本三大火祭りに関しては地域によっても異なり、諸説ありますが代表的なものは以下のものです。

日本三大火祭り
鞍馬の火祭(由岐神社・京都)
道祖神祭り(長野県野沢温泉村)
那智の火祭り(熊野那智大社・和歌山県)
鬼夜(大善寺・福岡県久留米市)
向田の火祭り(石川県能登島町)
鬼すべ(太宰府天満宮・福岡)


「鞍馬の火祭」は毎年10月22日に行われています。


由岐神社を出てすぐの場所に、牛若丸(源義経)の守り本尊であるお地蔵様がまつられる川上地蔵堂や「義経公供養塔」があり、鞍馬寺の本殿金堂へ続く参道があります。

↑目次に戻る

由岐神社(京都府)のアクセス

由岐神社のアクセス
住所 〒601-1111 京都市左京区鞍馬本町1073番地
アクセス ・叡山電車「鞍馬駅」から徒歩約10分(仁王門まで)
(楽天トラベル/Y!トラベル)
バスツアーを探す(クラブツーリズム

↑目次に戻る

由岐神社の基本情報
住所 〒601-1111 京都府京都市左京区鞍馬本町1074
公式サイト 由岐神社

由岐神社に行く人にオススメの御朱印めぐり

鞍馬寺の御朱印(由岐神社と隣接)

鞍馬寺2022年限定の御朱印
京都市左京区にある鞍馬寺は、牛若丸(源義経)が修行をしていた場所として有名なお寺です。ご本尊は毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊が一体となった「尊天」。日本三大毘沙門天のひとつとされています。
鞍馬寺では通常の御朱印の他、寅年限定の御朱印が授与されています。

毘沙門天三尊立像(国宝)
鞍馬寺の毘沙門天三尊立像(国宝)
鞍馬寺の毘沙門天は平安京の北を守護する神として古くから信仰され、木造毘沙門天立像、木造吉祥天立像、木造善膩師童子(ぜんにしどうじ)という親子の仏像は国宝に指定されています。

↑目次に戻る

貴船神社の御朱印(由岐神社から徒歩)

kifune-toro007
京都市にある貴船神社きふねじんじゃは、全国に約450社ある貴船神社の総本社。京都の自然豊かな場所に鎮座する神社です。「二十二社」にも含まれていた由緒ある神社。

貴船神社の通常の御朱印
貴船神社の通常の御朱印

↑目次に戻る

まとめ


イエロー(金運大好き)
2022年は金運・財運の当たり年金運アップ、商売繁盛祈願におすすめの御朱印帳を紹介するよ♪
広告バナー1


広告バナー2

広告バナー3


ピンク
いろんな神社・お寺行きたいけど、車の運転は苦手だし、電車の乗り換えとか面倒・・
レッド
それなら、バスツアーが楽かもね。時間の制限はあるけど、乗るだけで目的地に着くから楽チン。御朱印仲間も増えるよ。
ピンク
へぇ!しばらく自粛したし、感染対策を万全にして久々に御朱印めぐりしたい!
行きたい神社・仏閣の探し方
1.クラブツーリズムのサイトへ
2.”テーマ・目的”→はじめての「ご朱印集め・ご朱印めぐり」特集から探す
3.「さらに条件を追加する」→行きたい神社・お寺をキーワード検索して探す
※今からの予約でも、Go Toトラベルが再開した場合、割引が適用される予定とのこと。詳細はクラブツーリズムサイトにて。

京都の人気の御朱印
【御朱印(京都版)】まとめはこちら↓

京都 人気の御朱印まとめ

京都の人気の御朱印帳
【御朱印帳(京都版)】まとめはこちら↓

京都 人気の御朱印帳まとめ

この記事が気に入ったら友達にもシェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUT US
ハトピー
東京生まれ 東京育ち。御朱印好きはだいたい友達。ども、鳩胸気味のハトピーです。 お寺の家系に生まれ、神社仏閣が大好きです。日本百名城巡りもしてます。twitter・インスタやってますのでフォローしてやってください。 【ミッション】 御朱印をキッカケに神社仏閣を身近に感じる人を増やすこと/日本の伝統文化を後世に継承していくこと/御朱印を通して地域を盛り上げていくこと。